フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年10月03日

「史上最年少」と同じく「史上最年長」にも価値がある

 

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ」(河野英太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『「史上最年少」と同じく

 「史上最年長」にも大きな価値が

 あるはずです。』(p174)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 世間的に(というかマスコミ的に)は、

 “最年長”より“最年少”にクローズアップしたがるものです。



 「これから先がさらに楽しみ」

 という期待もあるのでしょうし、それ自体は別にいいのです。

  

 ただ。クローズアップして、伝え知ること。

 その最大の価値は、自分や人々の内に、

 勇気や活力、幸せを湧き起こさせること。



 そのように定義したとすれば、

 “最年長”のもつ「価値」とやらは、

 非常に計り知れないものになりえるはずです。

『Nothing is late to start.
...「何かをはじめるのに、遅すぎるということは何もない」』(p174)
『そもそも「too late(遅すぎる)」とは何を基準に言っているのでしょうか?
「20代のうちにこれをやらなければ」「もう自分は30歳を越えたから、今さら……」と、あせったりあきらめたりすることがあるかもしれません。
 しかしこれは、誰かが作った「世の中基準」で「あなた基準」ではありません。確かに早ければ早いほどいいことも多いです。しかし、「史上最年少」と同じく「史上最年長」にも大きな価値があるはずです。』(p174-175)


 もちろん、何も他人に希望を示したいからという目的で、

 「遅咲きの花」になろうとする必要はありません。



 ただ、そのときの自分自身で、やりたいこと、

 挑みたいことに遠慮しない。

 どうしようもなく現実的な障害でもない限り、

 やらない言い訳に終始しない。



 つまるところ、そういった姿勢こそが、

 本来沿うべき「あなた(自分)基準」を、

 如実に浮き彫りにしてくれるはずです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-03-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ