フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年09月20日

「何でも知っている」は、知らないことを知らないだけ



知らないこと、できないことに価値がある」(晝馬輝夫/幻冬舎)より


『「何でも知っている」は、

 知らないことを知らないだけ』(p31)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 哲学界隈において、

 ソクラテスの「無知の知」はあまりに有名です。



 「私は何も知らない」と知っている。

 「まだ何も知ってなどいない」ことを知っている。

 その自覚は、明らかに一段高い意識からの、

 冷静で明敏で、客観的な俯瞰です。



 この視点が持てることによって、

 人生にもたらされるメリットには、

 じつに計り知れないものがあります。

『「人類には、未知未踏のことが無限にある」...
 では、「未知未踏」とは何なのでしょうか。しかし、これを具体的に言えるなら、それはもう未知未踏ではなくなってしまいます。だから、言えません。そこで最後は、「知らない」という表現にしかならないのです。』(p31-32)
『だから、ある段階で...「全部、わかっている」と大言壮語している人間は、私に言わせれば「無知」でしかありません。わかったということは、「新しいわからない」が出てきたということにすぎないのです。...
「そんなこと、わかってないよ。だけど、ここまではわかりました」、「ここまではきたけれど、またその先にこんなにわけのわからないことがありました」というのが、真理を探求していく真の姿勢なのです。』
(p33)


 ことは学究、求道においての話に留まりません。



 たとえば、人間関係にも。

 親しい人、身近な相手ほど、

 私たちは「わかったつもり」になりがち。

 不満や愚痴、陰口などのかなりの部分は、

 この「つもり」という身勝手な主観に起因しています。



 私はこの人のことを、実はまだ何も知らない。

 私はこの人ではないのだから、本当は何を考えているか、

 私が見ていないところで何に遭遇しているのか、

 私には全く知る由もないし、知れるはずもない。



 その「無知の知」的理解と、あとはひとさじの想像力。

 たったそれだけで、私たちは人に優しくもなれるし、

 自分のネガティブな思考と感情に支配される人生を離れ、

 逆に自主的な生き方を実現する、手綱を手にできるのです。



 それは、簡単ではないにしても、単純で、

 人生かけて身につけていく価値のある、

 “無知の知の道”“未知の道”のひとつかもしれませんね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


知らないこと、できないことに価値がある

晝馬輝夫 幻冬舎 2014-03-19

by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ