フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年09月15日

平時にも向上心を持つ者が入れば、刺激になる




将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚"を持っているか」(童門冬二/青春出版社)より




『平和な時にも、

 そういう向上心を持つ中年者が

 この城に入ることは、

 城内の中年者の刺激になる。』(p50-51)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 ・前者の「中年者」=中途採用者

 ・後者の「中年者」=中堅どころ

 ・「城」=社、職場


 今日のフレーズをこのように置き換えれば、

 多少はわかりやすくなるでしょうか。

 

 数十年、あるいは百年以上続く企業の中で、

 いわゆる自己革新を行うことなしに、

 存続できた例が果たしてあるでしょうか。



 会社とは「人の集まり・関係性」で成り立つ以上、

 所属する人の意識が停滞していては、

 この革新という新陳代謝は成り立ちません。



 よく「大企業病」などと言われますが、

 長らくの安定状態が続くことで、

 人員の意識は次第に沈着してしまいがちなものです。



 そんなときにこそ、あえて引っかき回す「何か」に、

 活性化の効果が期待できるということなのでしょう。

『「なぜ加藤家に再就職したいのか?」...
 中年者はこう答えた。
「世の中が太平だといっても、いつまた戦乱が起こるか分かりません。...加藤清正公ならおそらくわたくしの能力を正しく評価してくださる大将だと存じて、再就職をお願いしに参りました」
 立身欲満々だった。』(p47-48)
『「中年者を採用しろというのは、その中年者にはいまだに向上心があるからだ。たしかにいまは太平の世だ。が、いつ何が起こるかわからない。...中年者もつねに失敗を恐れずに思い切ったことをやるような冒険心に富んでいなければだめだ。
 ...いま熊本城内にいる中年者は、どこか水の底に座り込んでいる魚になっている。魚は水の底に座り込んではならない。いつも泳ぐのが魚の務めだ。水底の魚たちをもう一度つっついて泳がせるためにも、その中年者を採用したほうがよい」』(p50-51)


 奇貨おくべし、という言葉もあります。

 「簡単には染まらない」ことで、疎まれたり、

 人間関係に摩擦を生むことは確かに多々あります。



 が、「染まらない」ことがその人の価値であることも、

 またその摩擦熱が化学反応の引き金になることも、

 同じくらいよくあること。



 人を使う立場・使われる立場のいずれにしても、

 このことを覚えておくだけで、

 何かと活かす機会はありそうですね。 

 




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


将の器・参謀の器―あなたはどちらの“才覚"を持っているか (青春文庫)

童門冬二 青春出版社 2001-10-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ