フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年08月31日

誰かの水準を引き下げるのでなく、それ以外の者たちを高く引き上げる

 

アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方」(マイケル・アブラショフ/三笠書房)より



『誰かの水準を引き下げることを

 目標とするべきではなく、

 それ以外の者たちをできるだけ

 高くまで引き上げるように

 すべきではないか』(p197)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 陰口や不平不満の、最大の原因のひとつは、

 自覚か無自覚かによらず、

 「自分が相手より劣っている」という認識、

 つまり妬みです。



 当然、陰口を言って自分の“水準”が上がるはずもありません。

 それでも、「相手の“水準”を下げる(と錯覚する)」ことで、

 自分の劣等感を晴らそうとする心の働き、という構図ですね。



 ではもし。その目論見が「成功」し、

 相手の優れた点が失われたとしたら?



 「自分」と「相手」の――ひいては組織や人の和の総力が、

 確実に減る、ということになります。 

 「相手」の長所によって全体が得るはずだった益が失われ、

 巡り巡って自分自身が損をするのです。

『当時、米軍は自分たちの人件費を、じつにさまざまな方法で使用していた。...」
 空軍は生活の質に重点を置き...陸軍と海軍は、それとはほとんど正反対の態度を取っていた。...
 陸軍と海軍が「贅沢をしている空軍の予算を減らして、その分を自分たちに回してほしい」と国防長官に求めた。...
 長官は...「空軍は自分たちの予算を有効活用しているのだ。彼らこそ見本とすべきだろう
 誰かの水準を引き下げることを目標とするべきではなく、それ以外の者たちをできるだけ高くまで引き上げるようにすべきではないか」』(p197)
嫉妬やねたみは強い感情で、それにしたがって行動すれば深刻な問題を生み出しかねない。嫉妬深い指揮官は往々にして自分の部下を抑えつけるような行動を取ってしまうからだ。
 他のリーダーが成功したときには、その成功から素直に学ぶこと――それが自分の部下のプラスになる場合はなおさらである。』(p198)


 千田琢哉氏は、ある時、

 さしたる特技も実力ないのに出世していく仲間が、

 「(彼は)仲間の成功に対し、

  常に体の高い位置で拍手を送っていた」

 ことに気づいたそうです。



 ひるがえり、自身が仲間よりいつも出遅れていたのは、

 自身の嫉妬深さにあったと悟った、と語られています。



 相手の足を引っ張ろうとしているとき、

 自分も決して前進することはできない――

 これを常に忘れずにおく方が、確実に幸せです。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方: 一人ひとりの能力を100%高めるマネジメント術 (知的生きかた文庫)

マイケル・アブラショフ 三笠書房 2015-05-22
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ