フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年08月27日

「どこで」働くかより「どう」働くか

 

調理師という人生を目指す君に」(上神田梅雄/ダイヤモンド社)より


『「どこで」働くかより

どう」働くか』(p158)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 自己啓発やビジネスマインドの分野において、

 「レンガ積み職人の話」はあまりにも有名ですね。



 ある建築現場で、レンガを積む作業をしていた職人達。

 彼らに「この仕事をどう思うか」と尋ねたところ……



 一人は「ただレンガを積むだけの辛い退屈な仕事」

 と、覇気なくつまらなさそうに答え、

 一人は「百年後も残る教会を作るすばらしい仕事」

 と、イキイキした表情で答えた――



 だいぶ端折ってますが、概ねそんなお話。



 前者は「ここではないどこか」にいる自分を想い、

 「今ここにいる自分」を否定しているのに対し、

 後者は「今ここにいる自分」を肯定することを通じ、

 「これから辿り着ける未来」を明確に捉えています。



 現実に立っている場所は(今でこそ)同じでも、

 やがて大きく分かたれるのは、容易く想像できます。

『「校長先生、どうしたら希望の店で働けますか?」...
「必ず就職できるコツを教えようか...簡単だよ。『給料は要りません。仕事を覚えたいです』って言えばいいんだよ。明るく、爽やかな笑顔で、はっきりと伝える。その覚悟を裏付けるような、輝く瞳で言われたら、採用間違いなし。少なくとも、俺が面接官だったら、もう心をつかまれるね」
 半分冗談、半分本音です。』(p158)
『「自分に合う仕事」とは、誰が決めるのでしょうか。単に自分に都合が良いか、楽かどうかで選んでいる場合がほとんどではないでしょうか。
 とにかく、就いた仕事を一所懸命にする。...足元の一段一段を着実に上る中から、技術も地位も給料も、だんだんに摺り寄ってくるものです。』(p159)


 斎藤一人さんの言葉を借りれば、

 「一曲歌ってオンチな奴は、大概二曲目もヘタ」。



 「今の自分」や「今いる場所」を否定ばかりして、

 不平不満や愚痴に明け暮れる人は、

 「違う自分」や「異なる場所」へ移り変わっても、

 やはり否定と不満を続けがちなもの。



 「本当の自分」なるものを探しに行く、その前に。

 今ここでできることをやり尽くしたほうが、

 世のため人のため、そして己のためかもしれません。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


調理師という人生を目指す君に

上神田梅雄 ダイヤモンド社 2013-09-06
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ