フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年08月21日

嫉妬しているうちは、福は回ってこない


仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法 」(長谷川和廣/祥伝社)より


『人間、嫉妬しているうちは、

 本当の福は回ってこない』(p62)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 キリスト教における「七つの大罪」といえば、

 「傲慢・強欲・嫉妬・憤怒・暴食・色欲・怠惰 」。



 ではなぜこれらが「大罪」なのでしょう。

 人本来の、幸せな心の境涯から遠ざかった状態であり、

 また遠ざかる最大の原因でもあるからに他なりません。

 そういう意味では、大罪というより“罪源”でしょうか。



 ところで、こんな格言があります。

 「天国への近道は、地獄へ至る道を熟知すること」

 

 先の七つのような「道」に溺れず、麻痺せず、

 賢く回避して歩む先にあるのは、安らいだ心の境地。



 えてして人は、そんな状態のときにこそ、

 最大限のパフォーマンスを発揮するように、

 できているものです。

『小出義雄さんによると、高橋尚子さんは、他の選手たちの成功に一切嫉妬しない選手だったそうです。...先輩たちの勝利を喜びながら、「私も頑張ります」と決意を新たにできるタイプでした。...
 人に負けた悔しさをバネに、負けた相手に勝つことを目的に頑張るというタイプが多いようですが、これはあまりに視野が狭く、そして建設的な思考ではありません。成功者を心のどこかで妬み貶めている間は、人は大きく成長することができません。他人の成功を心から喜び、さらにみずからの発奮材料にできるような人が、大きな成功を手にすることができるのです。』(p62)


 特に憤怒や嫉妬は、ある意味で炎のようなもの。

 一時的に、爆発的な推進力となるのも確かです。

 が、放置し続ければ延焼し、煙で視界を覆い隠し、

 最後には自分も周囲も焼きつくしてしまいます。



 人間は幸せであるために産まれてきたもの。

 そしてそれは同時に、

 自らを不幸にしているものは、往々にして、

 自らの内面にあると気づくためでもある、

 ということなのでしょうね。

  



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法(祥伝社新書227)

長谷川和廣 祥伝社 2010-12-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ