フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年08月02日

「教えるより自分でやる方が早い」は職務怠慢



仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法 」(長谷川和廣/祥伝社)より


『「人に教えるより、

 自分でやったほうが早いし、正確」

 という考え方は、

 上司として職務怠慢です。』(p98)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、

 ほめてやらねば、人は動かじ」

 山本五十六の有名な言葉ですね。



 まずは手本を見せてレクチャーする。

 どんな結果ならOKか、

 その基準を伝えてゴールを明確にする。

 それから実際にやってもらい、結果とはまた別に、

 実践の過程における創意工夫を見つけて評価する。



 これが人を動かし、人を育てる秘訣である、

 と伝えています。



 「見て盗め」とばかりに、

 手本を見せ続けられる環境ならまだしも。

 常に自分で全部やってしまうのでは、

 下の句にさえもたどり着くことなく、

 歌が終わってしまっている状態です。

『あなたは責任感や完璧主義のために人任せにできないのだと弁明するかもしれませんが、周りはそうとは思ってくれません。会社からも、「仕事を抱えこみ、うまく処理できない無能な人」「仕事を独占し、共有できない、協調性に欠く人」というふうに、予想もしないような低評価を受けかねません。...
 どうか部下には、あなたの仕事のやり方、価値判断、スキルなどをしっかり教え込んでいってください。これには時間も手間もかかります。...何よりも、あなた自身の「人を育てる」能力が育たなくてはなりません。しかし、これこそが、会社があなたに求めている、あなたの新しい仕事です。
「自分の手足」ではなく「自分の分身」となる人材を育てることができると、その後の仕事は大きく変わります。』(p98)


 社会でも会社でも、

 立場立場で求められる「仕事」はガラリと変化します。

 「人を育てる」べき立場に立ったにもかかわらず、

 「人を育てる」実践や試行錯誤を怠っているのなら。



 実に手厳しい、耳の痛い話ですが、それは確かに、

「仕事をしていない」とされるのも仕方のないことですね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


仕事のアマ 仕事のプロ──頭ひとつ抜け出す人の思考法(祥伝社新書227)

長谷川和廣 祥伝社 2010-12-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ