フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年08月26日

涼しい場所を思うから暑さに文句をいう――人生すべてそう



「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉」(植西聰/三笠書房)より


『暑いときに、涼しい場所のことを

 思い浮かべるから、

 暑さに対して文句をいいたくなる。

 人生すべてがそうなのだ。』(p201)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 隣の芝生は青く見える、とはよく言ったものです。

 そして実際に「隣の芝生」を手に入れたとしても、

 間近で見れば実はそんなに青いわけでもなかったり、

 青さを保つために容易ならざる努力を重ねていたり。



 と、不満や文句の多い人ほど、

 たとえその原因が解消され、望みが叶ったとしても、

 そこからさらに、不満や文句のつけ所を見つけ出します。



 これでは人生――どんなに富貴を求め、手にしたとしても、

 満足に幸せに全うするのは決して、不可能です。



 芝を荒らす虫で溢れる庭に、芝を植えても無駄なように、

 まず整えるべき土壌、見出すべき視点があるのです。

『寒時は闍黎(しゃり)を寒殺(かんさつ)し
 熱時(ねつじ) は闍黎を熱殺(ねっさつ)す...
 どこかに、もっと気楽な生き方はないだろうかと思うから、今の人生を辛く感じて、文句もいいたくなるのだ。下手な想像はせずに、現状を受け入れなさい...
 暑さ寒さを「受け入れる」ところから、未来が開ける』(p200-201)


 「闍黎」とは「阿闍梨」、禅などの意を得た僧・行者のこと。

 そして「殺」には「なりきる」という意味があるのだそう。



 つまり、暑さの中にあっては暑さそのものとして、

 寒さの中にあっては寒さそのものとなって、

 まずは「ただ、そうである」として肯定する。



 それができたときに初めて、

 “自分自身の人生”を自覚できるようになってくる――



 そう考えると、愚痴文句だらけの酷暑極寒も、

 実は偉大なる教師だった、とも思えはしませんか?




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2011-03-29
by ヨメレバ



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年08月25日

一見贅沢でも、気を配れば長い目で節約になる

 

新約 とある魔術の禁書目録(16)」(鎌池和馬/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)より


『一見贅沢に思えるかもしれないけど、

 でも、精神衛生には気を配らないと。

 長い目で見ればこっちの方が

 節約になる。』(p132)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 いわく「貧すれば鈍す」。

 あるいは「衣食足りて礼節を知る」。



 「まずは生き延びるためになりふり構っていられない」

 という状況があり得るのも、生きている以上は事実です。

 

 しかし同時に。

 「まずは」を乗り切った後も、

 なりふり構わないままで居続けること。

 はたまた、「まずは」を乗り切った後の事を無視して、

 なりふり構わないどころか、完全に道を踏み外すこと。



 そういった、いわば「魂の退化」を防ぐには、

 やはり初めから、何かしらのマージンやセーフティゾーン、

 言い換えれば「無駄」や「贅沢」でもある領域を、

 確保しておくことが肝要です。

『「嘘だろう……枯れていない? この大熱波の中、今の今まで花壇に水をやり続けていたっていうのか!?」...
「...水は飲むため『だけ』にあるんじゃないわ。一見贅沢に思えるかもしれないけど、でも、精神衛生には気を配らないと。長い目で見ればこっちの方が節約になる。人間ってストレス管理しないと欲求がどんどん簡略化されていくからね。つまり趣味や娯楽で済ませていたストレス解消を、食事や睡眠で晴らそうとするって訳。やけ食いとか経験ない? 生きるために飲む水とストレスから逃げるためにがぶ飲みする水、これを混同するようになったらもうおしまいよ」...
 誰よりも水を求め、節約に努めながら……実際には、頭の中には水しかなかった。他の事を考えている余裕もなかった。
 あれが自縄自縛になっていた?』(p131-132)


 これもまさに「貧すれば鈍す」の構図。

 不足・欠乏するもの、それ自体にばかり意識を向けていると、

 それ以外のことまで気が回らなくなり、視野が狭まり、

 結果として「突破口」を見逃す危険性も大きく膨らみます。



 ですからあえての「急がば回れ」。



 無尽蔵に焦りや苦しみが続くと感じられるときほど、

 それを思い出したいものですし、

 思い出せる余裕があるということは、

 突破口も見つけられる目がある、ということなのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


新約 とある魔術の禁書目録 (16) (電撃文庫)

鎌池和馬 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2016-08-10
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年08月24日

接客のクレームで多いのは「コワい顔をしていた」




サービスの達人たち 究極のおもてなし 」(野地秩嘉/新潮社)より


『接客のクレームで多いのが3つあります。

『圧迫感がある、コワい顔をしていた、

 強気な押し売りだった……』。』(p216)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 結論から言えば、笑顔とは筋力です。

 心の筋力でもあり、顔の筋力でもあります。

 

 パッと花咲く笑みを浮かべられるのは、

 心に柔軟性と瞬発力があるからこそであり、

 心に応えるだけの力が表情筋にあればこそ。



 一方で、「真剣な表情」といえば聞こえは良いですが、

 その実、表情に回せる力や意識の余裕が無い状態、

 ともいえます。

『化粧指導に真剣になってしまうと、つい、こちらがコワい顔になったりするんです。そうすると、お客さまは敏感です。すぐに『あの人、コワいからイヤ』となってしまう。
 接客のクレームで多いのが3つあります。『圧迫感がある、コワい顔をしていた、強気な押し売りだった……』。この3つのクレームをいただかないようにするにはつねに目を見て、にっこりすることしかありません。しかも、自然な笑顔が肝心です。』(p216)


 もちろん、一朝一夕で身につくものではありません。

 が、「筋力」である以上、

 意識して鍛えれば誰でも身につくものでもあります。


 
 この「割り箸トレーニング」などのように、

 簡単にできる訓練法もあります。



 実益にもなり、魅力と美容の面でもお得なのですから、

 やって損することはない投資とさえいえますね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)

野地秩嘉 新潮社 2016-03-27
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年08月23日

不幸だと思っているとき、贈り物のことを忘れている


史上最強の大富豪になる方法」(スティーヴン・K・スコット/トランスワールドジャパン)より


不幸だと思っているときには、

 与えられた贈り物のことを忘れ、

 ほかに気をとられてばかりいる。』(p106)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえば「目が悪い」「膝が悪い」といったふうに、

 自分の体の不調をさして「悪い」と言い表すのが、

 当たり前になっていないでしょうか。



 「悪い」には必ず、比較対象となる「良い」があるはずで、

 なにをもって「良い」かといえば、

 それは「かつての当たり前」なんですね。

『人間の目に匹敵する性能のカメラも、耳に匹敵する音響システムも、まだ作られていない。...心臓に匹敵するポンプも、脳に匹敵するコンピュータもない。ソロモン王は、目と耳のことを考えるだけで感謝の気持ちがわいてくると説く。視覚や聴覚。心臓が機能しているのは、当たり前ではない。うまく機能しない人もたくさんいる。自分が手にしているものや、当然と思いがちなものも、本当はありがたく思うべき、すばらしい贈り物なのだ。
 感謝の気持ちを持っているときには、自分を不幸だと思わない。...自分を不幸だと感じていると気づいたら、それを警告と受け止め、関心とエネルギーの方向を転換させよう。』(p105-106)


 つまり、いま「●●が悪くて」と腐す言葉の表現は、

 相も変わらず、当たり前の有り難さを学んでいない、

 ということなのかもしれません。



 なぜなら「悪く」ても、目は見えているし、

 膝は体重を支えてくれている。

 目や膝が悪いのではなく、

 目さん膝さんありがとう、なのです。


 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


史上最強の大富豪になる方法

スティーヴン・K・スコット トランスワールドジャパン 2009-12-06
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年08月22日

休日は「しないこと」を決めておく



レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則」(本田直之/幻冬舎)より


『休日は「しないこと」を決めておく』(p143)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 仕事には商売相手がいる以上、

 100%自分の都合のみに徹底する、

 というわけにはいきません。



 多かれ少なかれ、相手の都合を受け入れ、

 折り合いを付ける部分――

 すなわち自分でコントロールできない領域、

 有り体に言えば“束縛”は当然あるもの。

 

 だからこそ、たまにはそのテンションを、

 強制的にでもゆるめてあげる時間が必要です。

『私の場合、平日は「すること」を決めているのに対し、休日は「しないこと」を決めています。それを意識するだけでも、一週間にメリハリがつき、よいリフレッシュになります。
 具体的には...自分の都合でスケジュールを変えられない予定は、休日には入れません。』(p143)
『残業と同じで、「平日に片がつかなくても、休日出勤すればいいや」と思っていたのでは、労働の時間密度を高めていくことはできません。』(p144)


 ギターの弦も、あまり張りっぱなしでいると、

 音が狂ったりネックが反ったりと悪影響が出るもの。

 

 互いによい仕事を提供しあうのが、よい社会の在りよう。

 「しないこと」を通じて、適度な休みを尊重するのは、

 そのために必要な、そして効果的な心構えですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

本田直之 幻冬舎 2007-05
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ