フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年07月19日

次につながるアクションが「●●●」と「解説」の分かれ目



99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ 」(河野英太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『うまくいかなかった状況について

 客観的に状況を解説したあと、

 具体的に次につながるアクションを

 示せるかどうかが、

言い訳」と「解説」の分かれ目です。』(p118)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 ちょっとしたものから大きなものまで、

 失敗や失態をしてしまったとき。

 つい言い訳や弁解が口から出そうになる、

 という人は、私も含めて少なくないことでしょう。



 もちろん「こういう原因でこうなった」

 という分析、それ自体は大切です。



 ただし、

 「よって、こういう対策を講じます」

 と繋がってこその話である、

 というのをついつい失念してしまう理由が、

 まさにこれではないでしょうか。

『なぜ、人は言い訳をしたがるかというと、「本来の自分はもう少しうまくやれたはずだ」ということを相手にわからせたいからです。ただ、受け取る側はこの手の言い訳を非常に不快に感じます。あなたが虚栄心を満たすためだけに言っており、未来志向ではないと感じるのです。』(p118)


 裏を返せば、 

 失敗に至る行動をしていたときの自分は、

 本来の自分ではない――という捉え方。



 本来の自分とは、どこか別の場所、

 別の瞬間に居るものなのでしょうか。



 まずはそこから覚悟を据え直していけるなら、

 自然と「次に繋がるアクション」を考えられる、

 「言い訳」でなく「分析」と「解説」のできる人へ、

 変わっていけるのではないかとも思います。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-06-14
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ