フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年07月16日

「場数を踏む」とは人間を考え続けること


サービスの達人たち 究極のおもてなし 」(野地秩嘉/新潮社)より


『彼が言う「場数を踏む」とは

 さまざまな経験をするなかで、

 人間とは何かを考え続けることだ。』(p40)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「あのタヌキジジイめ」なんてセリフを、

 ドラマや時代劇などで、たまに耳にします。



 魂胆を見抜かせず、どころがミスリードして、

 周囲の人間を手玉に取る、いわゆる腹芸。



 爺の名が示すとおり、これもまた経験の為せる技です。

 より正確には、人の心の力学とでも呼ぶべきものを、

 度重なる経験から、考察を怠らずにきた結果です。

『人が話している言葉はすべてが本心とは限りません。直接、会って話をしていると、動作や表情に言葉とは裏腹の意思が出てくる。...
 本心をわかるようになるのもやっぱり経験なんですね。ベテランになったら自然とわかってくる。ひとことで言えば、人間を知れということなんでしょうけど』(p37)


 「人を騙す」ほどではないにせよ、

 「相手のウラを察する」ことは、

 私たちにとっても案外、日常茶飯事。



 人間の心を察せるから、期待に沿うことも、

 裏をかくことも選べるのだ――という点で、

 両者の根本は、実は同じなのです。







 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


サービスの達人たち: 究極のおもてなし (新潮文庫)

野地秩嘉 新潮社 2016-03-27
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ