フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年07月11日

「ひとりでいられる能力」は情緒的成熟と同義



話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる!」(植西聰/三笠書房)より


『ウィニコットという精神分析学者は、

ひとりでいられる能力」と、

「情緒的成熟」はほとんど同義語だ

 と言っています。』(p136)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 大勢でもペアでも、

 誰かと一緒にはしゃいだり、ゆったり過ごしたり、

 というのは、やはり心満たされるものです。



 そんな時間が終わり、ひとりの時間に戻ったとき。

 寂しさや不安感が強く湧いてくるとしたら。

 「自分自身との人間関係・信頼関係」が、

 十分に築かれていないせいかもしれません。



 言い換えれば、自分との関係の不足を、

 他人との関係で補おうとしている、

 つまり依存しているのです。
 
『・スケジュールに、人と会う約束が入っていないと、なんとなく不安。
・家に帰ってパソコンのメールを開いて1痛も入っていないと落ちこむ。...
 人といっしょにいることを楽しめるのは、健全なことです。しかし、誰かといっしょにいないと不安で見捨てられたような気持ちになってしまうとしたら、ちょっと問題かもしれません。
 ...ひとりになれない人はまだ大人になりきっていないということになります』(p136)


 しかしこればかりは、どこまでいっても、

 自分を他人に肩代わりしてもらうことはできません。

 文字通り、自助努力の必要があります。 

 たとえば――

『ひとりの時間は自分磨きのために使いましょう。お料理でも、スポーツでもかまいません。小さいころ、自分が好きだったことをもう一度始めてみましょう。話題も豊富になって一石二鳥です。』(p138)


 不安にドアを閉ざし、膝を抱えていれば、

 いつまでたっても不安なままです。

 まずは、動き出してみる。ドアを開けてみる。

 何はなくとも、話はそれからです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


話し方を変えると「いいこと」がいっぱい起こる! (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2007-05
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ