フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年07月02日

悪口は、その人より劣っていると宣言したに等しい



仕事ができる人の「しないこと」リスト」 (中島孝志/三笠書房)より


『私も悪口はいわないことにしています。

 なぜなら、悪口をいった瞬間、

 自分がその人よりも劣っていることを

 宣言したに等しいと

 思っているからです。』(p89)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 悪口の根本にあるものは様々ですが、

 そのうち最大のもののひとつが、劣等感。

 

 悪口の対象となる相手より、

 自分が劣っている点を見過ごせず、

 なおかつそれを「人それぞれの特徴だ」として

 許容できないストレス。内的摩擦。

 

 それを自ら昇華しようという努力を放棄して、

 代わりに相手を貶める言葉で発散しようとする。

 そんな、実にくだらない試みが、悪口です。



 もちろん、それを見抜いている人からすれば、

 哀れむか、ちゃんちゃら可笑しいかが関の山。



 だからこそ。

 逆にそれを熟知した、要は見抜いている人ほど、

 絶対に悪口を言わない、と自分を律しているのです。

『できる人は「悪口」をいわない...
 もしいうときは、必ず相手に伝わるものだ。
 そう覚悟しておいたほうがいいでしょう。...
 悪口をいうということは、その相手を内心、高く買っている証拠なのです。ですから、逆に私は、自分に対する悪口や批判、非難を聞くと、そこまで自分を高く買ってくれているのかと、内心、ほくそ笑みます。』(p89-90)


 とはいえ、本人の眼の前で言えるような悪口なら、

 まだ相手によっては学びなるかもしれません。

 特に注意すべきなのが、

 本人がその場にいない時の悪口、つまり陰口。



 壁に耳あり障子に目あり。

 そして、天網恢恢疎にして漏らさず。

 

 悪い意味での因果応報が、

 言えば言うほど間違いなく帰ってきます。

 もし、不幸や災いを呼びたければ、 

 これほど効果てきめんな方法はありませんね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


仕事ができる人の「しないこと」リスト (知的生きかた文庫)

中島孝志 三笠書房 2012-10
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ