フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年07月21日

使い道について、金は鉄にかなわない



しがみつかない――『徒然草』のススメ」(鈴村進/三笠書房)より



『金は立派なものだが、

 その使い道については

 鉄にはかなわない』(p68)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





「金(こがね)」と「鉄(くろがね)」。
 
 見た目の絢爛さ、一種の「スター性」でいえば、

 圧倒的に金に軍配が上がります。



 物理特性としての加工のしやすさは、

 総合的に見れば五十歩百歩のようです。



 そして産出量と、物理的な強度、

 つまりは実用性でいえば、鉄の圧勝。



 つまり両者を端的に表現すると、こうなります。

『派手な「金」の生き方、実用的な「鉄」の生き方』(p68)


 ここで問題になるのが、

 「金が鉄として生きようとすること」と、

 「鉄が金として生きようとすること」。



 時には、その挑戦から新境地を見出す開拓者も出ます。

 が、それはあくまで例外。レアケース。

 私たちのほとんどにとっては、

「無理のある生き方」でしかありません。

『もしも、自分の行動にまとまりがなく、何をやっても効果が出ないと思ったら、思い切って目標を絞り込むことである。
 兼好の表現を借りるならば、うわべだけ派手に目立つ「金」としての生き方を目指して焦るよりも、地味ながらもしっかりと役立つ「鉄」としての生き方を目指したほうがいい、ということだ。』(p69)

 
 どんなに形を真似て、メッキで覆っても、

 金の延べ棒の中の鉄は、すぐにバレます。



 あるいは、ネックレスのチェーンになった金が、

 入り口を塞ぐ鉄鎖を真似れば、命を落とします。



 金でもいいし、鉄でもいい。

 まずは今、自分に与えられた「素材」が、

 今、その場所で活きる方法を考え、実践してみる。

 私たち人が為すすべてはそこに始まり、

 そこに終わるのかもしれません。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年07月20日

隠すものが多くなるほど自分を苦しめる


空海 黄金の言葉」(宮下真、名取芳彦/永岡書店)より


隠すものが多くなるほど

 自分を苦しめる』(p165)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえば密かな詐欺や盗みなどの悪事、

 はたまた知ったかぶりや虚飾などなど。

 

 誰も見ていない、気づいていないとしても、

 自分自身だけは、必ず知っています。

 

 もちろん、そのような対外的な行いだけでなく。

 自分が本当にしたいこと、

 言いたいことを押し殺し続けるのもまた、

 立派な「隠しごと」といえますね。

『あやまちを隠せば隠すほど長く地獄に苦しむことになり、...嘘を言わず、自分をありのままにさらけ出せば、心安らかに過ごせるということです。
 人は知能が発達したばかりに、嘘をついたり、人をだますことを覚えてしまった動物です。...よけいな知恵を捨てて、まことのことばにしたがえば、人は本来もっと楽しく暮らせるのです。』(p165)


 天網恢々疎にして漏らさず、といいます。

 天の網、言い換えれば神や仏や宇宙の「目」は、

 どこにもなく、なにも見ていないようでいて、

 実はすべてを見ている、ということ。



 理由は簡単。

 その本人も、またあなた自身も、一人の例外もなく、

 神や仏や宇宙の存在そのものなのですから。

 「自分で知っている」以上、「宇宙も知っている」し、

 隠せるものなどチリひとつとしてないわけです。



 それを無理して隠したつもりになっている――

 その齟齬と軋轢が増えるほど、

 それを知らせるサインとして、心の苦しみも増える、

 という仕組みなのです。

 




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


空海 黄金の言葉 (コスモ文庫)

宮下真 永岡書店 2009-09-10
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年07月19日

次につながるアクションが「●●●」と「解説」の分かれ目



99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ 」(河野英太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『うまくいかなかった状況について

 客観的に状況を解説したあと、

 具体的に次につながるアクションを

 示せるかどうかが、

言い訳」と「解説」の分かれ目です。』(p118)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 ちょっとしたものから大きなものまで、

 失敗や失態をしてしまったとき。

 つい言い訳や弁解が口から出そうになる、

 という人は、私も含めて少なくないことでしょう。



 もちろん「こういう原因でこうなった」

 という分析、それ自体は大切です。



 ただし、

 「よって、こういう対策を講じます」

 と繋がってこその話である、

 というのをついつい失念してしまう理由が、

 まさにこれではないでしょうか。

『なぜ、人は言い訳をしたがるかというと、「本来の自分はもう少しうまくやれたはずだ」ということを相手にわからせたいからです。ただ、受け取る側はこの手の言い訳を非常に不快に感じます。あなたが虚栄心を満たすためだけに言っており、未来志向ではないと感じるのです。』(p118)


 裏を返せば、 

 失敗に至る行動をしていたときの自分は、

 本来の自分ではない――という捉え方。



 本来の自分とは、どこか別の場所、

 別の瞬間に居るものなのでしょうか。



 まずはそこから覚悟を据え直していけるなら、

 自然と「次に繋がるアクション」を考えられる、

 「言い訳」でなく「分析」と「解説」のできる人へ、

 変わっていけるのではないかとも思います。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-06-14
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年07月18日

自分の行動を後悔しないか、想像してみる

 
「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉」(植西聰/三笠書房)より


『将来、自分がとった行動を

 後悔しないかどうかを、

 一瞬、想像してみる』(p34)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 私たちが「後悔」するときのパターンは、

 大まかに分けてふたつです。



 それは、行動に対する後悔と、

 行動しなかったことに対する後悔。

 

 “ついカッとなって”やってしまうか。

 “つい臆病になって“やらずにいるか。

 いずれにしても、一時のネガティブな防衛本能が、

 自分自身を支配してしまった結果、とも言えます。

『それをしたことによって、数日後、数年後、あるいは死ぬときに後悔しそうだと思うなら、しないことです。...
 ひどく腹の立つことがあったなら、感情のままに怒りをぶつけて後悔しないかどうか、考えます。
 また、「やらないこと」で後悔しないかどうかも、考えてみることです。
 迷ったときは、将来「やってよかった」と思えることをするのが、幸せに生きるための大原則です。』(p34-35)


 もちろん、「後悔しない」行動を選択したら、

 後悔したくなる結果に終わった、

 なんてこともあるかもしれません。



 でもそれは、確実に一歩前進した証。

 自主的に責任をもって選んだという行動が、

 あなたを確実に成長させ――そのため、

 結果の至らない点が、より見えているだけの話。 



 「“後悔しない行動”を選ばなかった結果」

 に比べたら、その本質は雲泥の差なのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■





posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年07月17日

品質とは誰も見ていないときにきちんとやること


人生はもっとニャンとかなる! ―明日にもっと幸福をまねく68の方法」(水野敬也、長沼直樹/文響社)より


『品質とは、誰も見ていないときに

 きちんとやることである。

 [ヘンリー・フォード]』(14)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 まったく同じ品質で、環境も同じブドウの樹でも、

 手のかけ方次第で、なる果実も、その先のワインも、

 品質に信じられないほどの差が出ます。



 もちろん、ほぼ確実に手間は増えます。

 しかしその差が積み重なり、組み合わさった結果、

 一本数百円や千円のものから、数万円のものまで、

 様々なボトルが店頭にならぶことになるのです。



 ブドウに限らず、また農作業にも限らず、

 このような些細な手間や工夫を惜しまないか否かが、

 結果として天地ほどの差を産むのは、

 決して珍しいことではありません。

『最も偉大な人とは、日常の小さなことを軽蔑する人ではなくて、
 それらの事柄を細心の注意をもって改善する人のことである。
 [スマイルズ]イギリスの作家』(14)

 
 他にも、野球で打率二割五分と三割の打者とでは、

 二〇打席あたりのヒット数はひとつしか違わないのに、

 年俸には数倍の差が出る、なんて例もありますね。



 人の目があるときは、両者ともきちんとする。

 人の目がないときに、片方は疎かになる。

 評判的には一見、どちらも大差ないかもしれません。

 しかし積み重なる経験の差、その質の違いは、

 気がつけばやはり、途方もないものになっているはずです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


人生はもっとニャンとかなる! ―明日にもっと幸福をまねく68の方法

水野敬也,長沼直樹 文響社 2015-09-30
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ