フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月25日

安全対策とは不便の許容



とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン とある魔術の電脳戦機 」(鎌池和馬/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)より


『安全対策とは詰まるところ、

『どこまで不便を許容できるか』

 なのだ』(p26)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 パソコンの黎明期には、

 テープドライブやフロッピーディスクなど、

 いわゆる物理的な外部メディアのみが、

 パソコンにとってのデータの出入り口でした。



 インターネット回線などはありませんでしたから、

 コンピューターウイルスへの対策については、

 こういったメディアにのみ注意すれば済んだのです。



 現代はインターネット回線への接続が当たり前。

 当然、ウイルスなどの悪意あるプログラムも、

 そちらを主たる侵入経路として用いていますね。



 逆に言えば、現代でも無線接続をオフにしたり、

 ネットワークケーブルを引っこ抜いてしまえば、

 外部からの新たな攻撃は防げてしまうのです。



 無論、こちらからも外部に接続はできませんが。
 
『「なんか改造データ対策とかで、ちっとも中に触らせてくれないんだと」
 究極のセキュリティとはあらゆるネットを断線して外部記憶装置も取り外してしまう事だが、それではマシン一つで完結してしまい、どことも送受信できなくなる。安全対策とは詰まるところ、『どこまで不便を許容できるか』なのだが、このポータブルデバイスはかなり『安全優先』の方に天秤が傾いている印象だった。』(p25-26)


 セキュリティ用のソフトウェアを入れれば、

 その点ラクに、安全性を高められます。



 しかしそれも、厳密に言えば、

 コンピュータの処理能力を割かれます。

 また、自分としては安全だとすでに知っているのに、

 「悪意ある“可能性のある”プログラムを検出した」

 と判断され、実行に手間がかかることもあります。



 もちろんコンピューターに限りません。

 「囲い込む」ことを前提とした安全、

 言い換えれば堅固さや堅牢性は、

 かならず不便や不自由とのトレードオフになる――



 あなたの身のまわりの「不便」「めんどくさい」を、

 この観点で眺めてみてください。

 ひょっとすると、本当に納得できる折衷案や、

 あるいは、これまでとは違うアプローチでの、

 改善策が見えるかもしれませんよ。


 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン とある魔術の電脳戦機 (電撃文庫)

鎌池和馬 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2016-05-10
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ