フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月21日

四次元的には、努力の反対は感謝



脱力のすすめ―「おまかせ」で生きる幸せ論」(小林正観/イースト・プレス)より


『一次元上がって、

 神々が住む四次元的に言うと、

 努力の反対は感謝です。』(p231)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 三次元とか四次元とかというのは、

 ある意味、あくまでも喩えや方便です。



 私たち人間社会における「常識」と、

 引力と同じような宇宙的「法則」、

 という違いに置き換えてもいいでしょう。



 そして、あまりにもしばしば、

 この両者はほとんど正反対の、

 パラドクス(逆説)的関係になるようです。

『三次元(私たちが生きている世界)的に言うと、努力の反対は怠惰・怠慢。
 一次元上がって、神々が住む四次元的に言うと、努力の反対は感謝です...
 自分のがんばりによってなにかを手に入れるぞと考えていることを、別の言葉で置きかえると、「いま、自分が置かれている状況が気に入らない」と神さまや宇宙に向けてぶつけたことになります。
 そして、「気に入らない」とぶつけられた神さまや宇宙は、その人に対して味方をしてあげようとは思いません。
「そんなに気に入らないのなら、勝手にすれば」と思うようです。』(p231-232)


 敵に回ることはありませんが、

 積極的に味方してくれるわけでもない。


 
 思えばこの「神」にあたる存在は、

 水や空気や光や大地を私たちにふんだんに恵み、

 それを惜しみも差別もしなければ代金も取りません。



 自分の力だけしか信じない、というのは、

 究極的には、それらの恵みも自分の力で――

 と思い込んでいるようなもの。



 それでも、「味方はしない」からといっても、

 その人にだけ空気を与えない、

 なんてことはしないのは明白ですよね。



 つまるところ。「今あるもの」を、

 どれだけ恵みと捉え、感謝できるか。

 それが鍵であり、スタートでもあるのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


脱力のすすめ―「おまかせ」で生きる幸せ論

小林正観 イースト・プレス 2010-09-16
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ