フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月18日

己の周りに、己より優れし人物を集める

 
99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ 」(河野英太郎/)より


『アンドリュー・カーネギーの

 墓銘費はあまりにも有名です。

「己の周りに、己より優れし人物

 集めたる者、ここに眠る』(p21)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 自分一人の力というのは、

 どう数えても一人力です。

 どんなに精一杯頑張っても、

 二、三人力が関の山です。



 さらにはどんな人にも、

 例外なく得手不得手があります。

 あなたの得意分野が誰かの不得意だったり、

 またその逆も、当たり前にあることです。

 

 だからこそ。何かを成したいと志すとき。

 自分が苦手なこと、できないことができる人の、

 力を借りることがどれだけ重要かは、自明です。



 更には、自分も得意だけれど、

 同じことがもっと得意な人の力を借りることは、

 ある意味それ以上に大事なことです。

 

 ここを心得違いして、

 「自分が他より優れた能力を持っていなければ」

 と構えてしまうと、どうなるでしょうか。

『「リーダーである自分は偉くなければ」と考えてしまうと、それは行動に表れます。
 メンバーを子ども扱いしたり、命令口調で接したり...
 でもあるとき、自分よりキャリアの長いメンバーばかりのチームを任されたり、多ジャンルにわたる「その道のプロフェッショナル」のチームリーダーとして仕事をしてみると、リーダーには、人としての成熟度や、仕事の専門分野で勝負することは、必ずしも求められていないことがわかってきました。』(p2)
『ここでのコミュニケーションは、「指示・命令」ではなく、「期待・依頼」にもとづくもの、つまり、上から目線で知ったかぶりをするのではなく、教えを請うべきだということです。』(p20)


 えてして、本当に「すごい人」のすごさは、

 「すごくない」という点にあるものです。


 
 すごくないから、素直に教えを請える。

 すごくないから、率直に協力を頼める。

 そんな「すごくなさ」こそが、

 何かしらの分野が得意な、

 「すごい人」を集める磁力となり――



 いつしか「すごくない人」を中核とした、

 ものすごい塊が出来上がる、ということなのですね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-06-14
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ