フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月16日

計画するより実行したほうが成果に近づける



読書は「アウトプット」が99%」(藤井孝一/三笠書房)より


『計画を立てるよりは、

 何かひとつでも実行したほうが、

 確実に成果に近づけます。』(p40)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 10年後にはコンサートを開きたい、という人に、

 斎藤一人さんはこんなふうにいったそうです。



 10年後と言わず、今年から毎年開きなさい。

 そしたら10年後にはすごく上手くなっているから。



 公演や起業に限らず、それをどんなに企図していても、

 「〜したなら」という条件が揃うのを待っていると、

 たいていは結実しません。



 開演や開店がマラソンのスタートラインなら、

 まず大会エントリーすらしていないのと同じです。

『起業を目指して「事業計画書をつくっています」という人もいますが、計画を立てるよりは、何かひとつでも実行したほうが、確実に成果に近づけます。』(p40)
ノウハウを実践するか、しないか。つまり、アウトプットするか、しないかの差が成功を分ける最大要因です。
 私はセミナーでよく、起業したい人たちにむけて「名刺をつくってみよう」と勧めています。名刺は家庭用のプリンタでも簡単につくれるでしょう。しかし、意外なほどそれを実行に移す人は少ない。まずは、そこが分かれ目なのです。』(p38-39)


 もちろん、計画は立てるなということではありません。

 ただ、実際に踏み出してこそ分かるものや、

 踏み出したからこそ解決するものが、

 実現の道すがらにはいくらでもある、ということ。 



 名刺ひとつとっても、を自作するとなると、

 そこに具体的に何を書き込むかを考え始めるでしょう。

 社名と役職だけで済ませたい人は少ないのでは。



 みずからが事業を通じて表現したい理念的なもの、

 そのエキスを抽出して肩書やキャッチコピーに変え、

 小さな紙一枚に凝縮するようなものです。



 エキスを抽出するためには、

 全体や枝葉末節のイメージが充分でなければなりません。

 自然と、今まで考えが及ばなかった課題が、

 次々に浮かんでくることになります。



 それらをひとつひとつ、一歩一歩拾い上げていく。

 目標の頂きにいたるのは、

 そうした末の「いつのまにか」であった、

 という先駆者は、決して少なくないのではないでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■

読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方 (知的生きかた文庫)

藤井孝一 三笠書房 2013-12-24
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ