フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月12日

指揮官にとって最も重要なのは想像力



非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術」(日本ビジネス研究会/日本文芸社)より


『マキャベリは、

「軍の指揮官にとって、最も重要な資質は

 何かと問われれば、想像力である、

 と答えよう」と述べています。』(p80)





 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「こんなはずじゃなかった」

 窮地に追い込まれたり、手痛い損害を負ったとき、

 そのようにボヤく人は少なくないかもしれません。



 では、「どうなるはず」と考えていたのでしょう。

 それは様々ではあるでしょうが、

 唯一共通していることがあります。



 それは、自分に都合のいいように物事が動くことが、

 そもそもの前提になっていた――

 つまり、自己正当化が第一に立っていて、

 「不測の事態があって当然」という、

 健全な想像力が働いていなかった、ということです。

『戦争にも戦い方の基本となる戦術論などがありますが、それはあくまで基本です。当然、敵の指揮官も熟知していることなので、そのまま実戦で使ったのでは簡単に裏をかかれてしまいます。軍の指揮官は、相手がどのように動くのかを何通りも想定し、それぞれの場合の対処法を考えておく必要があります。指揮官の判断が戦いの勝敗、ひいては部下の生死に直結するだけに、指揮官にはいかなる自体をも想定できるほどの豊かな想像力が求められ、導き出した結論を裏打ちするのが経験になるわけです。』(p80-81)


 もちろん、戦争に限った話ではありません。

 会社なら社長はもちろん、

 一部書の長でも同じことは言えますし、

 家庭であっても、無関係ではないでしょう。

 率いられる人々の生活を、

 多かれ少なかれ支えているわけですから。



 「自分の判断が人々に、

  致命的な影響をあたえることもありうる」

 少なくとも、その覚悟をしておくこともまた、

 立派な、かつ最低限の想像力ではないでしょうか。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)

日本ビジネス研究会 日本文芸社 2013-04
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ