フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月08日

客観とは、自己正当化をやめること


小さいことにくよくよするな!〈3〉仕事はこんなに、楽しめる」(リチャード・カールソン/サンマーク出版)より


『「リーズナブル=客観性」は、

 あなたの目を曇らせる

 「自己正当化」を一切やめて、

 ものごとをフェアな目で見ること。』(p187)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「自分を客観視する」とはよく聞きますが、

 どれだけ自分を客観視できているかを測るのも、

 結局のところ主観です。



 であるが以上、より現実的なアプローチには、

 発想を逆転させてみるのがよいかもしれません。



 つまり「客観視する」のではなく、

 「主観視を排除する」よう試みる。

 そのためには、

 「自分自身の主観を意識する」ことが不可欠です。
 


 ここまで把握できれば、

 具体的なメソッドの例が浮かびだしてきます。

『「自己正当化」を一切やめて、ものごとをフェアな目で見ること。つまり、問題を解決しよう、人の話を聞こう、自分とちがうものの見方を取り入れようとする能力だ。客観性には、相手の立場に立って考え、広い視野でものごとを把握し、正しい判断力をキープすることも含まれる。』(p187)


 要するに主観とは、「価値判断」の一種ですね。

 他人の意見や考え方に対して、

 「正しい」「いや違う」といったジャッジをはさむ、

 その積み重ねが織りなす傾向・性向ともいえます。



 ただ意見を聴いて、ジャッジせずにその意見の存在を認める。

 もし、ここに完全に徹したとしたら?

 主観は消え、自動的に客観的な視野が開けてきます。



 「人の話を聞く」のは、その訓練にもうってつけなのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■




 
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ