フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年06月10日

優れた人には欠点もある



非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術」(日本ビジネス研究会/日本文芸社)より


『優れた能力をもつ人には欠点もある』(p82)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 何でも人並み以上にこなせて、

 どんな問題にもあっさり解決策を見つけ、

 いつも明るく元気で太陽のような人。



 なんてすごい、完璧な人なんだろう、と。

 そんな人をあなたは、眩しく思うかもしれません。



 ――が、しばしば忘れがちなことがあります。  

 「何でも」「どんな」「いつも」は、

 あなたが見ている範囲内のことでしかありません。

『何かに突出して優れた能力がある人は、一方で周囲が驚くほどダメなところがあったりします。著名人が亡くなった場合にはメディアで大きく取り上げられることもあり、生前の裏話などを知って「あの人はそんな面があったのか」と、驚いた経験がある人も多いでしょう。』(p82)


 では、完璧に見えるほどに能力や活力を発揮している人と、

 逆に短所ばかりでうだつがあがらないように見える人とで、

 一体何が違うというのでしょう。



 時と場合によっても要因は様々とは思いますが、

 こと企業組織においては、こんな例が考えられます。

『仕事に関しても同様で、実務は完璧にこなせるのに外部との交渉は下手だったり、逆に口は上手で交渉では力を発揮するのに、実務はどうにか人並み程度だったりと、得意なことと苦手なことがあるのが普通なのです。...
 マキャベリの言葉に「よい面を残そうとすれば、どうしたって悪い面も、同時に残さざるを得ないのである」というものがあります。「長所は短所」。よい面と悪い面は表裏一体なので、片方だけを残すのは無理なのです。...そもそも会社のような組織で仕事をする利点は、それぞれの長所を活かした分業体制をつくることで、弱点をカバーしあえるところにあるます。その人の強みと弱みが明確ならば、それに合わせた部署に配置すればよいのです。』(p83-84)


 他人の「短所なるもの」を、

 人はついつい、あげつらいたがりがちになります。



 そればかりでは何ら生産的ではありませんし、

 「短所をあげつらう」という短所も、短所のままになります。

 

 しかし、相手の短所、得手不得手を冷静に見定めた上で、

 自分が得意とする分野・範囲で手を差し伸べる。

 それができるようになるのなら、

 「短所を探す力」も、長所に変わりますよね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



非情な人ほど成果を上げる―マキャベリ式最強の仕事術 (日文PLUS)

日本ビジネス研究会 日本文芸社 2013-04
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年06月09日

お礼は先回りで言う


愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉」(池田光/イースト・プレス)より


『お礼は先回りして言いましょう。

 そうすれば、願いはかないます。』(p134)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 今日のフレーズのことを、

 斎藤一人さんはこのように例えます。



  蕎麦屋だって天ぷらそばって先に言うから、

  天ぷらそばが出てくる。

  いくら天ぷらそばがほしくても、

  先に言わなきゃいつまでも出てこない。



 望みが現実になった時、「ありがたい」と、

 つまり“何か”へと感謝する人は多いもの。



 ですが、先に望みが叶った状態の言葉を発し、

 望みが叶った心の状態になっていてこそ、

 望みが叶った状況が引き寄せられてくる――



 信じるも信じないも自由ですが、

 どちらにしても、それが宇宙の法則であるようです。
 
『「ありがたいなあ」には、二つの意味があります。
 一つ目は、ふつうに「ありがとう」という感謝の言葉。二つ目は、まだなにも実現しない前から、先回りして「ありがたいなあ」とお礼をしてしまうという意味です。』(p135)


 一人さんの親友だった故・小林正観さんは、

 「願い」とは「ねぎらい」である、と仰っていました。



 たとえば神社にお参りする時。

 「〜してください」「〜しますように」

 と「お願いする」のは、実はただの不平不満。



 一方、まだそのお願いが叶っていなくても、

 「〜してくださってありがとうございます」と、

 心底から「ねぎらう」とき、感謝が満ちています。

 不思議と、そんな人ほど願いが叶っているそうなのです。



 もちろん統計の取りようがありませんので、

 私はその真偽を言える立場にはありません。

 が、個人的にはそれが真実だと体験してきた、

 と感じていることだけは明言しておきます。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉 ―「日本一の大金持ち」が実践している、楽しみながらできる「非常識」な成功法則!(East Press Business)

池田光 イースト・プレス 2008-02-01
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年06月08日

客観とは、自己正当化をやめること


小さいことにくよくよするな!〈3〉仕事はこんなに、楽しめる」(リチャード・カールソン/サンマーク出版)より


『「リーズナブル=客観性」は、

 あなたの目を曇らせる

 「自己正当化」を一切やめて、

 ものごとをフェアな目で見ること。』(p187)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「自分を客観視する」とはよく聞きますが、

 どれだけ自分を客観視できているかを測るのも、

 結局のところ主観です。



 であるが以上、より現実的なアプローチには、

 発想を逆転させてみるのがよいかもしれません。



 つまり「客観視する」のではなく、

 「主観視を排除する」よう試みる。

 そのためには、

 「自分自身の主観を意識する」ことが不可欠です。
 


 ここまで把握できれば、

 具体的なメソッドの例が浮かびだしてきます。

『「自己正当化」を一切やめて、ものごとをフェアな目で見ること。つまり、問題を解決しよう、人の話を聞こう、自分とちがうものの見方を取り入れようとする能力だ。客観性には、相手の立場に立って考え、広い視野でものごとを把握し、正しい判断力をキープすることも含まれる。』(p187)


 要するに主観とは、「価値判断」の一種ですね。

 他人の意見や考え方に対して、

 「正しい」「いや違う」といったジャッジをはさむ、

 その積み重ねが織りなす傾向・性向ともいえます。



 ただ意見を聴いて、ジャッジせずにその意見の存在を認める。

 もし、ここに完全に徹したとしたら?

 主観は消え、自動的に客観的な視野が開けてきます。



 「人の話を聞く」のは、その訓練にもうってつけなのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■




 
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年06月07日

人生はこれから黄金期


いい言葉は人生を変える!」(佐藤富雄/KKベストセラーズ)より


『人生はこれから黄金期』(p182)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 豊かに実った小麦畑は、さながら黄金の海のようだ、

 としばしば例えられます。

 ですから本来的な意味でいえば、

 「黄金期」とは「収穫期」。



 これまでの人生で培った全ての集大成であり、

 良くも悪くも、これまでの行いの結果を刈り取り、

 存分に味わうことになる時期でもあるのでしょう。

『人生の黄金期とは、六〇歳から八〇歳までの二〇年です。この二〇年は、それまでの人生の何倍も楽しく、そして有意義に、充実して過ごすことができます。
 しかも、この黄金期は、八〇歳で終わりになってしまうわけではありません。...長生きをするほどに、人生の黄金期をいくらでも引き延ばすことが可能なのです。
 だから加齢することはすばらしいことだ、という確信の元、この言葉を発声してください。』(p182-183)


 しかしここで、見落とせない事実があります。



 「一般的に黄金期とはこの年代だから」といって、

 「今」がこれまでの過去の集大成であることも、

 「これまでの結果を刈り取る」ことについても、

 人として生きる以上、年齢は一切関係ありません。



 つまりは、人生いつでも「これから黄金期」。

『未来はますます開けていく』(p181)

 
 肉体は力衰えても、心は決して衰えさせないことができる。

 それが人間といういきものです。



 若い時期には、若いなりに輝く黄金を。

 老いてからは、深みをもち輝く黄金を。

 自分はずっと胸に掲げて生きてきたし、生きていくのだ――



 そんな自覚を持つほどに、人生そのものが輝き出す。

 少なくとも、私はそう信じています。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


いい言葉は人生を変える! (ベスト新書)

佐藤富雄 ベストセラーズ 2007-04
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年06月06日

父親像は母親が作る


子供を育てるいい言葉 悪い言葉」(河村都/株式会社アントレックス)


『父親像は母親が作ることを忘れずに』(p172)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 家庭においては、平時の些細な問題は母親が対処し、

 有事の重大な問題には父親が当たる。

 古臭いという向きもあるかもしれませんが、

 家族・家庭における、バランスのいい夫婦のあり方を、

 そのように捉えている方も、決して少なくはないはず。



 この場合、子どもにとっての「頼るべき相手」は、

 普段は母親、深刻な時は父親、という位置づけになります。 

 

 が、ここでひとつ問題があります。

 常日頃から「頼りない、頼りない」と、

 母親が父親のことをコテンパンにやり込めているとしたら?



 子どもにしてみれば、

 「イザというときはお父さんに頼りなさい」

 と言われても、信用できないおそれが出てくる――

 誰に頼ればいいのか、わからなくなってしまうのです。
 
『もうじき期末テストだというのに、何という気のたるみよう。カッとなったお母さんは思わず「何寝てるの!? お父さんみたいになるわよ!」。
お父さんのことをそういうふうに思っているんだね」と言われハッと……。』(p172)
『母親が父親のことを子どもにどう伝えるかで、子供のもつ父親像は変わってきます。子どもは母親の言葉を通じて父親のイメージを形づくり、その信頼度が左右されると言ってもいいでしょう。
「お父さんが頑張っているから、家族が安心して暮らせるのよ」とプラスのイメージを子どもにいつも伝えていれば、子どもはお父さんの帰りを待ちわび、「お父さんみたいな人になりたい」と思うようになるでしょう。...
 不満の原因が夫にあるとしても、そこは大人であるお母さん...夫への不満の発露になるような言葉をそのまま子どもに聞かせることはやめましょう。 』(p172-173)


 子どもは、本当に親をよく見ています。

 父か母かにかかわらず、接する時間が長いほうは尚更です。


 
 「子どもだから」と油断せず、

 「目の前のひとりの人間」に、自分の言動の一つ一つ、

 その全てが影響を与えているのだ――

 という自覚のもと、まずは自分の人生を生きていきたいものです。

 ひいてはそれこそが、最高の教育になるはずですから。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


子供を育てるいい言葉 悪い言葉
子供を育てるいい言葉 悪い言葉


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ