フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年05月26日

想像力ある人が集まれば、発明はやりやすい


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言」(村上龍/日本経済新聞出版社)より


想像力のある職人さんが集まれば、

 非常に発明はやりやすいんです。』(p124)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 バックキャスティングとフォアキャスティング。

 「発明」というものがどちらに当たるかといえば、

 もちろん前者です。



 「こんなものを作りたい」

 という青写真(=ゴール)が、まず頭の中で描かれ、

 その具現化にいたる道筋を模索・開拓が始まります。



 つまり。発明の必須要件は、

 一旦過去の制約を取り払ったうえでの「想像」。



 そして注目すべきは、この「想像」にも、

 「集団の知」と相乗効果が大いに働くことです。

『想像力のある職人さんが集まれば、非常に発明はやりやすいんです。頭のいい先生というのは、昨日までの論文をみんな読んでマスターしていますよ。でも、明日のことは全然言わないんです。』(p124)


 相乗といっても、必ずしも「増える」わけではありません。



 そもそもとして想像とは、未来に対してのもの。

 明るく先のことを思い描く、適切な想像を「1以上」とすれば、

 過去にしがみついたままの、想像足り得ない想像は「1未満」。

 1未満を乗算すればするほど、最終的な解は目減りしますね。



 もちろん、実際に作り出す工程に、現実的な制約は出てきます。

 しかし、それは想像という企画段階では置いておきましょう。

 それは何かを産み出したいのであれば、

 ひとりでもチームでも同じことなのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言 (日経ビジネス人文庫)

村上龍 日本経済新聞出版社 2009-02
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ