フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年05月15日

リストアップした分だけ幸せが手に入る



脱力のすすめ ―「おまかせ」で生きる幸せ論」(小林正観/イースト・プレス)より


『幸せをリストアップした分だけ

 幸せが手に入ります。』(p89)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 ないものを数えるか、あるものを数えるか。

 今日のフレーズをざっくりまとめれば、

 このように言えるでしょう。



 たとえば、足を怪我して歩けないとします。

 それでも、手は動くから字は書けるし、

 目は見えるから本も読める。



 移動については確かに不便ですが、

 それを差し引いてもまだまだ、

 「できることのほうが圧倒的に多い」

 というのも事実です。



 にもかかわらず。

 ほとんどの人は動かない足を嘆くばかりで、

 それ以外の健康な大部分に気を向けない――
 
 「幸せ」の構図も、これとまったく同じです。

『学校教育で教える幸せ論...
「幸せとは、手に入っていないものをリストアップしていくこと。それらを手に入れることが幸せであり、手に入らない間は不幸だ」と洗脳されてしまいました。...
 社会全体がそういう価値観に染まっているため、違う価値観や幸せ論に出会うのはとても難しいでしょう。』(p87)
『しかし、宇宙の法理・法則は違います。幸も不幸もありません。
 自分が勝手に思っているだけです。
 足りないものを十個リストアップする暇があるなら、自分がどれほど恵まれているかを十個リストアップしたほうがいい
 そうすると、自分がどれほど幸せかということに気がつき、幸せをリストアップした分だけ幸せが手に入ります。
 目が見えること、耳が聞こえること、自分の足で歩けること、話ができること、食べられること……。
 ありとあらゆることが、すでに手に入っているはずなのに、足りないものだけを努力して、必死で探しだして、それを手に入れないと幸せではない、という価値観を教えられてしまったのです。』(p88-89)


 もちろん、このパラダイムが腑に落ちるには、

 ある意味で大きな壁があります。


 
 それは、生まれて死ぬまで海の中にいる魚には、

 「海水の存在を意識してみる」

 という発想が持てないのと同じようなものです。



 しかし“幸いなことに”、私たち人間にとっては、

 決してハードルの低いものではありません。

 これもまたひとつ、幸せリストに入りますね。  




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


脱力のすすめ―「おまかせ」で生きる幸せ論

小林正観 イースト・プレス 2010-09-16
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ