フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年05月09日

恐怖の源泉は推測にある



ヤクザ式 ビジネスの「土壇場」で心理戦に負けない技術」(向谷匡史/光文社)より


『恐怖の源泉は推測にある

 ということになる。』(p210)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 孫子などの兵法を見ていると、

 相手に攻め込ませないために最も効果的なのは、

 攻め込んだら手痛いしっぺ返しを食らう、

 と「思い込ませる」ことにあるのがわかります。



 平たくいえば、疑念や恐れを抱かせる。

 つまりは相手の(物理的な)力に対してでなく、

 「心」に対して効果を指向する、ということ。



 一種のイメージ戦略、セルフブランディングにも、

 相通じるものがあるのです。

『では、なぜヤクザが怖いのか。
 怒らせたら、何をするかわからないからである。
 いや、正確に言うと、何をするかわからないと思うからである。』(p209)
『ケンカして儲け話になるというならともかく、事後処理や懲役へ行くことを考えれば、できれば事件など起こしたくはないのだ。
 だから、実際に暴力をふるわなくても、相手が勝手に怖がってくれるのがベストということになる。
 だからメンツを大切にする。
 男を売る。
 イメージと置き換えてもいい。
 目の配り、言葉遣い、雰囲気によって自己演出をすることで、相手に一目置かせ、交渉やシノギにおいて有利な立場に立とうとするのである。』(p209-210)


 もちろん、ハッタリとも呼べます。

 張り子の虎ということもありますが、一方で、

 「イメージがその人を育てる」ことがあるのも事実。



 なにも凄んで見せるわけではありません。

 「これを依頼するならこの人だ」と周りに思わせる、

 そのための第一歩こそ、堂々と胸を張ること。

 裏返せば、周囲の推測と期待を誘うこと。



 そうして経験の機会と経験値が引き寄せられ、

 その道のプロとして成長していくのですから。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



ヤクザ式 ビジネスの「土壇場」で心理戦に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)

向谷匡史 光文社 2012-03-13
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ