フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年05月06日

議論中にはホワイトボードに書く



99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ」(河野英太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『優秀なヤツは、若手中堅ベテランに限らず、

 議論の最中に立ち上がって

 ホワイトボードに書きはじめる』(p52)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「“記憶”と“記録”の違い」

 それが今日のフレーズのキモでしょう。



 人の、頭の、記憶力はとても強力ではありますが、

 反面非常にあやふやで頼りないものでもあります。

 さらに、議論の白熱によって感情の昂りが混ざれば、

 この頼りなさもまた、加速してしまいがちです。



 そこで、記憶のみではなく記録にも頼る。

 一種のフェイルセーフを設けることで、

 話し合いの暴走を防ぎ、対処するわけですね。

『この「優秀な人たち」がホワイトボードを使ってやろうとしているのは、言葉だけが行き来して、なかなか議論が前に進まない「空中戦」を避けることです。...
 会議では参加者全員が同じボードを見て確認することで、空中戦が続くのを避けられます。
 言葉だけで意見を交わしていると、間違った理解をしているのに合意したかのような雰囲気で終わってしまったり、意思疎通が十分でないため相手の提案の確認に時間を費やすなどの、時間・労力のムダが発生します。』(p52-53)


 ところで、ペンで書き出すことの効能は、

 単なる見える化、記録にすることだけに留まりません。

『ボードで論点を整理し「つまり、こういうことですか?」と会議参加者の認識を揃える』(p53)


 似たような例として挙げられるのは、

 「学んだことは人に教えると、より学びが深まる」現象。



 他人の目にも見えて、理解できるように書くには、

 いくら雑でも、ある程度は論理の整理が必要です。

 この整理にあたって、同時に、必然的に、

 自分の考えもスッキリと再構築されます。



 「話し合いは、見えるように書きながら行う」

 それ自体は単純な行いの組合せですが、効果は大。

 ぜひ習慣として取り入れたいものですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-03-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ