フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年04月16日

失敗とは、定義の問題



20代から始める「人脈力」養成講座」(内田雅章/光文社)より


『僕は「失敗」というのは、

 自分がそれをどう定義するかの問題だ

 と思っています。』(p66)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「命」という字は、

 「人は一度は叩かれる」と書きます。

 人生必ず一度は、辛い目や痛い目に遭うということ。




 その難こそが「失敗」というものだ――

 と、いったい誰が決めたのでしょうか?

『僕は「失敗」というのは、自分がそれをどう定義するかの問題だと思っています。僕の失敗の定義はすごく狭い。明らかに人生立ち直れなくなるようなことは失敗でしょうが、そのうち復活できるようなことだったら、それは失敗ではないと思っています。もちろん、僕の定義では「次に活かそう(これは失敗ではない)」というものでも、他人から見れば明らかな失敗に見える、そういうこともあるでしょう
 とにかく、多少失敗めいたことをしても、「いい経験をさせていただき、神様ありがとう」くらいの気持ちでいるほうがいい。だからあまりくよくよしないで、どんどんチャレンジすべきです。落ち込んだり暗く悩んだりしていても、状況は変わりません。次に活かせば、あるいは次の次に活かせば、その失敗は成功への布石に変わるのです。』(p66)


 中村天風師が引き合いに出していた、

 ある商人の話を思い出しました。



 全資産にも近い、何億円もの輸入商材を、

 船火事で一瞬にして失ったにもかかわらず、

 「また稼ぎ直す大きな動機ができましたよ」

 と、彼は天風師に笑って応えたそうです。

 そして数年後、損害の何倍もの稼ぎをあげたとか。



 人生の道の上で転んだとき。

 ただ起き上がっただけで前と同じなら、実は転び損。

 

 立って歩いていた時の目線では、

 見えなかったものを見つけて掴んだり。

 起き上がる弾みの勢いで、

 ダッシュやジャンプをしかけてみたり。



 「転んでもただでは起きない」とは、

 そういうことなのです。

  


 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ