フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年04月15日

社交辞令には騙されたふりがスマート



20代から始める「人脈力」養成講座」(内田雅章/光文社)より


社交辞令というのは、言ってみれば

 お互い巧妙な嘘をつくことですから、

 あっさり騙されたふりをしたほうが

 スマートなのです。』(p173)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 化かし合いと腹の探り合い、

 しのぎを削る交渉の場を切り抜け、 一言。

 「あのタヌキ親父め」



 ……そんなセリフもたまに聞くところですが。

 私たちの日常はそこまで殺伐ではないにせよ、 

 仮面を介した「演じ合い」とすれば、共通点もあるもの。



 そもそもの理想論をいえば、虚飾や嘘偽りは、

 出来るだけ無いに越したことではないでしょう。

 一方、ある程度はそれが社会の潤滑油になっている、

 というのも、是非はどうあれ事実です。

『社交辞令に、「それは、本音ではないでしょう」「どうして思ってもいないことを言うの?」などと、いちいち突っ込むのはマナー違反です。なんら生産的ではない。素直に「ありがとうございます」などと受け流しておくのが無難です。』(p173-174)


 潤滑油抜きでは回らない歯車に油抜き剤を流したり、

 砂利などの異物を突っ込んだりすれば、どうなるか。 

 もちろん状況にもよりますが、機械なら故障します。



 では人間関係だと、どんな「故障」が起きるでしょう?

 たとえば、こんな例。

『話は少しそれますが、「どうして本当のことを言わない(言わなかった)の?」などと相手を責める人がいます。でも、「本当のことが言えない状況」を誰がつくったのかを考えたほうがいい。そういう人は、結果的にいつも嘘をつかれるようになります。
 たどえば、いつもカリカリしている人物を前にすると、人は、本当のことを言ったら叱られるのではないかと思って、嘘をつくようになる。
 つまりその人は、人を嘘つきに変えてしまう性質を持っているのです。』(p174)


 とはいえ、言い方次第でもありますね。

 世辞に対して「それは嘘ですね」と突っ返すのと、

 「またご冗談を」「お戯れを」などと笑うのとでは、

 語義は同じでもまったくの別物になるわけで。

 「丸い卵も切りようで四角」「物も言いようで角が立つ」

 というやつです。



 そういえば。

 「語彙力こそが教養である

 というタイトルの本を見かけましたが、

 なるほど言い得て妙かもしれませんね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ