フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年04月13日

好き嫌いを捨てれば選択肢が増える




もっと「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉ゴールド」(植西聰/三笠書房)より


『ひとたび「好き嫌い」を捨ててしまえば、

 選択肢は一気にふえます。』(p73)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「食べ物の好き嫌いが多い子は、棋士として大成しない」

 とは、ある将棋名人の至言です。



 将棋にかぎらず、苦手な対戦相手だからといって、

 避けて通れないのが勝負の世界。

 好き嫌いというせせこましい枠を超えてかからなければ、

 到底勝ち星には恵まれないのは明らかです。



 同じことは案外、勝負事とは関係なしに、

 日常生活のあちこちにも当てはまってきます。

『「苦手な人が参加するから、その飲み会にはいかない」「すごく高価だけれど、大好きなあの女優が持っているのと同じバッグがほしい」「あの上司が嫌いだから、会社を辞める」などと、いちいち好き嫌いに行動を左右されていたら、本当の自由がなくなってしまいます
 チャンスも出会いも、仕事やお金までも、失うことになります。
 しかし、ひとたび「好き嫌い」を捨ててしまえば、選択肢は一気にふえます。
 それに、嫌いなことをやってみたら、思わぬ才能が発見できたということもあるのです。「好き嫌い」を超越することで、可能性がいっぱいの、本当に「自由な生き方」ができるのです。
 ちなみに、どんなことに対しても、「ありがたい人だ」「ありがたい仕事だ」「ありがたいものだ」と思って接することが、人や仕事や物事の好き嫌いをなくす秘訣です。』(p73)

 
 「ありがたい」、つまり感謝の力は、ここでも絶大です。



 「苦手な人だけど、あの人がいたからこそ、

  社会で生きるためのタフさが身についた。ありがたい」



 「どうしようもない彼氏だったけど、

  おかげで男を見る目が少しは養われた。ありがたい」



 「散々なトラブルだったけど、だからこそありがたい。

  どんなピンチでも何とかなると思える楽天さが身についた」



 何事も、自身の経験にならないことはありません。

 あとは、あなた自身がそれをどう捉えるか次第。

 好き嫌いを超えて感謝できる癖がつけば、

 もう人生こっちのものですよ。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


もっと「いいこと」がいっぱい起こる!ブッダの言葉ゴールド (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2012-12-26
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ