フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年04月08日

仕事も生活も家庭もすべて「人生」



頭の回転数を上げる45の方法」(久保憂希也、芝本秀徳/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『仕事も生活も家庭もすべて「人生」だ。

 であれば、この「人生」に

 全精力を傾ければいい。』(p160)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「仕事と私とどっちが大切なの!?」

 なんて詰め寄る恋愛模様もステレオタイプですが、

 実際問われたとすれば、どちらも大切です。


 
 元より片方を切り捨てるつもりの人を除いて。

 おそらく、どちらかを疎かにしてしまうと、

 もう片方もずるずると疎かになってしまう、

 という人が大多数なのでは?と感じます。



 なぜなら、どちらもその人が自ら向き合う、

 人生の中身そのものだからです。

『東洋には「二つならず」という考え方がある。「どちらも別々のものではなく、不即不離なのだ」という考えだ。どちらかを取ろうと思うから、どちらかがおろそかになる。同じものなのだと考えることで工夫が生まれるのだ。』(p159)
『「行住坐臥すべてが仕事であり人生である」...
「ライフワークバランス」でいえば、「ワーク」と「ライフ」は「二つならず」なのだ。仕事を優先しようと思えば、家庭や生活が後まわしになる。家庭や生活を取れば、仕事には打ち込めない。こんな選択はばかげている。どちらも同じ一人の「人生」であって、二つに分けるべきものではないのだ。
 仕事も生活も家庭もすべて「人生」だ。であれば、この「人生」に全精力を傾ければいい。結果として「バランス」されているはずだ。』(p160)


 ふたつはまったく別々のもので、

 いわゆるトレードオフの関係にある――

 と考えれば、確かに“バランス”の発想につながります。



 しかし、どちらも実はまったく同じものと捉えると?

 必然的にそこに浮かんでくるのは、

 「あなた自身の人生そのもの」となりますね。



 そこまでつかめばあとはもう、

 煮るなり焼くなり自分自身の自由です。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


頭の回転数を上げる45の方法

久保憂希也,芝本秀徳 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-02-16
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ