フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年04月06日

上司は些細なことまで、意味あるものとして受け取られる



35歳になったらマクドナルドでバイトしろ!」(泉忠司、青木尚士/角川学芸出版)より


『上司の言動、些細な言葉じり、

 癖や習慣までもが、計算され意図された

 意味あるものと受け取られる』(p158)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 特に、感情の起伏が激しい、いわゆる“お天気屋”な人が、

 あなたの直属の上司についたと想像してみれば、

 今日のフレーズはわかりやすいかもしれません。



 「ああ、この人はお天気屋なんだ」

 と理解してしまえば、いっときの激昂も通り雨。

 でも、それを見極められないうちは、

 ヘタに機嫌を損ねないように気を遣ったり、

 観察が欠かせなかったりで滅入ってしまう――



 きっとこのような経験談は、

 枚挙にいとまがないことでしょう。 

『つまり、上司の言動というのは、それだけ影響力があり、また誤解を与えやすいということです。』(p158)


 他にも、恋心を抱く相手からの、

 何気ない言葉が強く心に響いて残った、

 などという例も、ある意味同じことです。

『「青木くん、野々村さんに何か言ったんでしょ?」
「僕が?」
「そう。野々村さん、青木くんに言われた言葉がすごく嬉しかったみたいよ」
 思い返してみても、そんなに喜んでもらえるようなことを言った記憶はない。
「ただ……」
「ただ?」
「すごく頑張っていて偉いなあって言ったかも……。いま思い出すと。年上であることをいいことに、上から目線で嫌な感じですよね」
「でも野々村さんは率直に褒められたのが嬉しかったのかもね」』(p155)
『たった一言でも大きな一言になる可能性がある』(p151)


 自分から見て、強い影響力をもつと“認めている”相手。

 その言動は、やはり強い影響力そのもの。


 
 とはいえ恋愛感情などのような、

 相手の心中でのみ生じる重要度は、外からは中々見えません。



 が、役職のように明示された「パワー」を持っているなら、

 それ自体が周囲、特に部下や目下にもたらす圧力を、

 きちんと自覚しておくことが、必要になるのでしょう。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


35歳になったらマクドナルドでバイトしろ! (角川フォレスタ)

泉忠司,青木尚士 角川学芸出版 2013-06-29
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ