フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年04月25日

老年から生命を奪うのは成熟だ



禅、「あるがまま」に生きる―迷いを解決する「一文字の知恵」」(西村惠信/三笠書房)より


『青年から生命を奪うのは暴力だが、

 老年から生命を奪うのは

 成熟なんだね。』(p105)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 仏教の四苦といえば、生・老・病・死の四つ。

 つまり、老いを苦しみとして捉える人――

 裏を返せば、若さに執着し続ける人が、

 それほどに多いということでもあります。



 注目すべきなのは、この「若さ」が、

 ほとんどが肉体的・外面的なもの、ということ。



 内面的・精神的な若さを顧みようとしないのなら、

 なるほど確かに、老いイコール苦しみとして、

 いつまでも苛まれ続けるのは至極当然です。

『キケロが書いたという...「老年の豊かさについて」です。彼はまず老人が惨めに見える理由として、一、あらゆる職から引退しなくてはならないこと。二、身体が弱ること。三、快楽がほとんどすべて奪われること。四、死が遠くないこと、の四つを挙げて、それらに一々反論しているのです。...
声の張りはどうしてか分からないが、老年になってからでも増し加わるのだ...老人の落ち着いた穏やかな弁論は、よく聴衆をひきつけるのであり」、「それが青年たちを教え、導き、どんな義務でも果たせるように育てるのだ」...
「...満ち足りて飽きてしまえば、あるよりないほうが有り難いのだ」。「毎日多くのことを学び加えながら年をとっていくという、こういう心の快楽よりも大きな快楽はあり得ない」』(p104-105)


 この四番目を除いた理由によって、

 本当に惨めに見えるのだとしたら。

 それは先の「内なる若さと成熟」を放棄したケース、

 と言ってもあながち的外れではないでしょう。



 そして、残る四番目についても、こうあります。

「老年には死が近いということについて」は、あまりにも素晴らしいので本文をそのまま写しておきましょう。
「例えてみれば、青い果実を木からもぎとるのには力が要るが、よく熟していればひとりでに落ちるようなもので、青年から生命を奪うのは暴力だが、老年から生命を奪うのは成熟なんだね。成熟して死ぬのは私にはとても望ましいことなんだ。だから死が近づくにつれて、ちょうど長い航海がすみ、陸地が見えてきて、ついに港に入ろうとしているような気分になるんだよ」』(p105)


 人生を大海原にたとえた、

 なんとも風情ある著述ではありませんか。



 航海を終え、陸地に上がり、

 冒険譚を肴に酒場で祝杯を上げる。

 そんな“あの世観”も洒落たものですし、

 これは同時に、成熟してこそ磨かれる、

 心の若々しさに基づく表現です。



 はたしてこれでも、年を取ることが惨めで、

 豊かさに反することだと言えるでしょうか?




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


禅、「あるがまま」に生きる―迷いを解決する「一文字の知恵」 (知的生きかた文庫)

西村惠信 三笠書房 2009-11-20
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年04月24日

チームワークばかり叩き込むと、決断力、指導力がにぶる




「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」(永守重信/三笠書房)より


チームワークばかり叩き込むと、

 決断力、指導力がにぶる』(p168)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「社畜」という単語をご存知でしょうか。

 “会社の家畜”を略したスラングです。



 単なる労働力として、グチや不平をこぼしつつも、

 結局は言われるがままに働き続けるだけの人――

 いわば奴隷根性の染みついたサラリーマン、

 だいたいそんなニュアンスになります。

  

 もちろん、指示に従ってキチンと仕事をこなせる、

 それ自体は悪いことではありません。

 問題なのは、あまりにそこに没頭し続けると、

 “自ら舵取りする意識”、“大局的な視野”、

 などといったものが育たない点にあります。

『一流の大学を出た優秀な人材に、長期にわたって御用聞きのような外回りをさせたり、チームワークや協調性の重要性ばかりを叩き込む。しかし、経営者に必要なのは決断力、判断力、指導力などであって、これはチームワークや協調性とは対極をなすものである。二〇歳代、三〇歳代にチームワークや協調性を身につけてしまった人間が、四〇歳代、五〇歳代になって、これまでのやり方や発想から一八〇度転換せよといってみても、そうそうできるものではない。』(p169)


 チームワークは組織の生命線ですし、

 連帯感を高め、チームワークを整える上で、

 各人の意思を最大限尊重するのも大切です。



 しかし、これらはあくまで一方法論。



 チーム全員の意思と足並みが揃わなければ、

 プロジェクトはスタートできない、

 あるいは、路線転換などの決定が下せない、

 などとなったら、一体どうなるでしょう。



 皆が皆の顔色を窺わなければ、

 何も決まらないし、何もできない――

 つまり手段と方法が入れ替わった状態になります。



 一人ひとりの個性的才能を活かす余地はなく、

 組織としての目的もいっこうに果たせません。

 

 もしもあなたが、周りは言われたことしかできない、

 またはやろうとしない、「社畜のような人」ばかり、

 と感じているとしたら。

 今日のフレーズが原因に当てはまっていないか、

 じっくり考察してみるのもオススメですよ。







 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年04月23日

完璧主義は性格ではなく思考習慣



力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣」(古川武士/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『私は、セミナーや

 個人コンサルティングの経験から

 「完璧主義は性格ではなく、思考習慣だ」

 と断言できます。』(p24)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 たとえば、樹木や盆栽を育てるとき。

 枝ぶりの方向性はある程度コントロールできても、

 根の張られ方については、そうはいきません。



 人の性格が、根。枝を習慣。

 それぞれに置き換えてみると、どうでしょう。

 性根という土台はいかんともしがたいとしても、

 あらぬ方向に伸びた習慣を、適切な向きに育つよう、

 誘導するのは決して不可能ではありません。

『性格を変えるのは難しいかもしれません。しかし、習慣はコントロールすることができます。』(p24)


 では、「完璧主義」を考え方の習慣と解釈した上で。

 さらにその根底――そもそもの性格、心情、動機は、

 どういったものと推し量れますか? 



 たとえば、「計画をうまくいかせたい」

 あるいは、「思い通りの結果を得たい」など――

 つまり「成功志向」や「理想実現志向」が強い、

 と考えられるのではないでしょうか。



 そして、成功を得るための“手段”として、

 「完璧主義という姿勢を身につけてしまった」

 という前後関係が浮かび上がってくるはずです。



 手段はあくまでも手段。道具と同じです。

 目的に応じて、持ち変えることができるものです。

 厄介なのは、この「目的と手段」が、

 とてもすり替わってしまいやすい点でしょうか……。

『上手に力を抜く人は、がんばらないで結果が出れば、それこそ素晴らしいと考えているのです。
 そう言うと、楽している、怠けていると感じがちですが、がんばらないで結果が出るということは、少ない労力で大きな結果を出すアイデアや工夫ができるということなので素晴らしいことなのです。

 がんばりすぎる人は非効率になりがちです。なぜならば、がんばっていることそのものに美徳を感じており、効率のよい新しいやり方が見えなくなりがちだからです。
 がんばることへの美徳を減らし、無駄にがんばらずに結果が出てもいい、結果を出す工夫をしようと決意することから効率アップが始まるのです。』(p34)


 「人間は習慣の生き物」と呼ぶ向きもあります。

 一度染みついた習慣を克服するには、

 しばしば途方もない時間と労力を要するもの。

 と同時に、好ましくない習慣を変えたり、

 新たな習慣で上書きすることができるのも事実。



 あなた自身の中にある「〜主義」という名の「思考習慣」。

 これをあなたの心、性格と一度切り離して、

 じっくりと考えてみてください。

 

 自分はどうありたいのか、

 本当にあなた自身が求める姿が、

 より明瞭に見えてくるかもしれませんよ。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣

古川武士 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-11-20
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年04月22日

孤立は破滅、自立は繁栄



日本自立のためのプーチン最強講義 」(北野幸伯/集英社インターナショナル)より


『「自立」と「孤立」は違う。

 「孤立は破滅」であり、

 「自立は繁栄」です。』(p114)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「私たちは孤立と自立を勘違いしてしまいがち」

 と、著者の北野さんは指摘します。



 なるほどたしかに、

 「自分には実力があり、ひとりで何でもできる」、

 などと“思い込む”と、必ず行き詰まるか、

 どこかで足元をすくわれます。



 傲慢以外の何物でもない――と考えればわかるのですが、

 それでもつい、意固地に盲目に陥ってしまう。

 経験で思い当たるフシがある方も、少なくないでしょう。



 これが個人レベルならまだいいのですが、

 集団・地域・国家レベルになると、笑い事ではすみません。

『「なぜ日本は第二次世界大戦で負けたのか?」
 ...みなさんなりの答えがあるでしょう。
 私だったらこの質問になんと答えるか?
「戦争が始まった時点ですでに負けていた」...
 考えてみてください。日本の敵は、アメリカ、イギリス、ソ連、中国でした。
 現代の私たちの素直な感覚で考えればすぐ答えは出てきます。
 こんなもん勝てるはずがありません。...
 私は、米英ソ中を敵にまわした時点で「日本の負けは確定していた」と考えます。
 ですから、「敗戦理由」は、戦争が始まるずっと前までさかのぼって考える必要があるのです。』(p71-72)


 さらに言えば、当時味方と呼べたのは、ドイツとイタリア。

 いずれも遠くヨーロッパ、事実上の支援は困難です。

 通商破壊などによって完膚なきまでに補給線を断たれ、

 自給自足のできない日本は、負けるべくして負けました。



 つまりは、自立した「つもり」だった、ということ。

 そうして孤立の道を選んだ時点で、敗戦は確定していた。

 北野さんの論は正鵠を射ている、と私も考えます。



 では、この自立とは、具体的に何を指すのでしょう。

『私は常々、「五つの自立」といっています。
 1 精神の自立 = 自虐史観からの脱却、世界一の教育水準、世界一の道徳心育成
 2 経済の自立 = 内需型経済、健全な財政
 3 エネルギーの自立 = エネルギー自給率一〇〇%
 4 食料の自立 = 食料自給率一〇〇%
 5 軍事の自立 = 自分の国は自分で守れる体制作り
 どうせ税金を投入するのなら、「日本の自立を進める政策」に投資したらいいでしょう。』(p283)


 この5つは国家としての、マクロ規模における自立です。

 が、もっとミクロな、個人的な自立においても、

 本質的に大した違いはないのでは、と感じます。



 いずれにせよ、こうした数々の自立に、

 「孤立しなければ成り立たないもの」が、

 はたしてありうるでしょうか。

 

 私たちは、つい意固地になって、

 孤立の道を選んでしまいたくなることがあります。

 くれぐれも、自制と自省を欠かさぬよう励みたいものです。 




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

北野幸伯 集英社インターナショナル 2013-11-26
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年04月21日

叱るとき、落としどころを考えよ



「いい人」が損をしない人生術」(斎藤茂太/PHP研究所)より


『叱るとき、落としどころを考えよ』(p116)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 踏まれた小麦は強く育つ、とはいいますが、

 日光も水も与えずにただ踏みつけるばかりでは、

 どんなに強くても枯れるのは、言うまでもありません。



 私たちがついやってしまいがちな、

 「叱っているつもりで、ただ怒っているだけ」

 という行いは、まさに麦枯らしと同じこと。

『褒めることもちゃんとツボを心得ていなければむずかしいものですが、やはり、叱ることのほうが褒めることより数倍むずかしいものです。
 というのは、なにより感情の高ぶりが違うからです。...叱るほうこそ冷静になっているべきですが、これがむずかしいのです。』(p116-117)


 過ちを指摘し、成長を促すのが「叱る」であって、

 その意図が見えない無軌道な責めは、単なる怒りの発散。

 当然、それを繰り返すのは、

 「私は自分の感情の手綱を握れない人間です」

 という自己アピールになってしまいます。



 しかし逆に見れば、この「無軌道」を改めるだけ、

 つまり「落としどころ」が用意されてあるだけで、

 その性質は大きく違ってくるものです。

『経営の神様といわれた松下幸之助氏も、ある幹部がミスをしたとき、譴責処分の文書を渡しながら、
「君らは幸せだ。こうして譴責してくれる人がいるということはうれしいことなのだ。もし僕が過ちを犯しても、陰でけしからんといっても、なかなか面と向かっていってはくれない。だから、気づかないうちに過ちをくりかえすことにもなりかねない。幸いにして君らには、僕やほかの上役がいるから叱ってもらえるのだ。こういう機会は上に行けば行くほどなくなってくる。だからこの機会は尊い機会だと思わなくてはいけない」といったというのです。
 これもじつに巧みな叱り方です。部下のプライドを傷つけず、しかも成長を促すような説得力に富んだもので、見習いたい叱り方です。』(p117-118)


 ほんとうの意味での「叱る」ことは、

 間違いや失敗を次に活かし、成長につなげる上で、

 とてつもない効果をはらんでいます。



 もし、松下氏がこんな叱り方をしていなかったとしたら、

 おそらく、あの企業の大成長はなかったのでは?

 と、思わざるをえませんね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


「いい人」が損をしない人生術 (PHP新書)

斎藤茂太 PHP研究所 2005-05
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ