フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年03月26日

許すことは強さの証



人生はもっとニャンとかなる! ―明日にもっと幸福をまねく68の方法」(水野敬也、長沼直樹/文響社)より


『弱い者ほど相手を許すことができない。

 許すということは、強さの証だ。

 [マハトマ・ガンディー]』(51)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「ゆるす」の語源は「ゆるめる」、

 というのはしばしば耳目にするところです。



 「ゆるさない」状態とは、力をぐっとこめて、

 あの野郎、この野郎と怒りを固く握りしめている様。

 ということを踏まえれば、なるほどですね。



 医学的には、この状態では「交感神経優位」、

 つまり体中の神経に警報が鳴っているようなもの。

 緊張状態・警戒態勢がずっと続けば、

 どんどん心身は疲弊して免疫力もだだ下がり。

 結果として万病のもととなる、という次第です。



 では、逆の「副交感神経優位」、

 つまり平時のリラックス状態にするには?

 答えはもう、最初に書いてありますね。

こまかいことには目をつぶろう』(51)
『ピカソが友人のオルティスに無料で絵を譲ったとき、オルティスは無断でその絵を模写してピカソの作品として画廊に売ってしまったことがありました。そのことを知ったピカソは、その作品が贋作(偽物)だと分かるとオルティスが苦しい立場になると考え、こっそり、画廊の言い値で買い戻したのです。ピカソはこの出来事を振り返ってこう語っています。「友達を護るために自分の作品を買ったのは、それが最初じゃないんだ。』(51)


 「そんなにあっさり許せたら苦労しないよ!」

 まあ、そんな声も一部から聞こえてきそうです。
 


 もしあなたがそうなら、ちょっと考えてみてください。



 「できない」からと憤るのは、何に対してなのか、

 つまり「本当は何を許せないのか」を。



 それは私の言葉をでなく、

 「他人の言葉を許せない自分」を許せないのだ、

 と思い当たったなら、これ幸いです。



 「相手の言動をどうしても許せない」

 そんなときは、まずはこう捉えてみてください。

 「相手の言動をどうしても許せない自分を、許す」



 ほんのちょっとの違いです。

 が、これをずっと繰り返していくと、

 次第に「許せる」範囲が広がっていく、

 つまり「緩める」ことのできる自分が育ってきますよ。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



人生はもっとニャンとかなる! ―明日にもっと幸福をまねく68の方法

水野敬也,長沼直樹 文響社 2015-09-30
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ