フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年03月31日

自分と違う考え方には「一理ある」と言ってみる


頭の回転数を上げる45の方法」(久保憂希也、芝本秀徳/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『自分とは違う考え方に接したとき、

「自分とは違う」と拒絶するのではなく、

 まずは「一理ある」と

 言ってみるといい。』(p147)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 朱に交われば赤くなる、というのも真理ですが、

 同時に、元々赤みを帯びているからこそ、

 交わる相手に朱を選びがちになる、

 というのもまた事実です。



 要は、人は自分の考え方や価値観に沿った環境に、

 居心地の良さを感じるもの。



 もちろんそれはそれでいいのです。

 が、問題は、自己成長を期すにあたっては、

 居心地の良さが仇になる、ということです。

『たとえば、本を読んだり、人の話を聞いたりしたときに、「なるほど」とうなずいているところは、実は「自分の考えと同じだ」ということが多い。...「自分もそう思っていた」「すでに知っていた」こと、つまり、自分が「賛成したところがほとんどではないだろうか。学んでいるつもりでも、結局「自分は間違っていなかったんだ」と確認しているだけなのだ。
 いくら自分と同じ考えをなぞっても、それでは学びにはならない。むしろ、固定観念が深まり、新しい考えを受け入れる余地を小さくしてしまう。』(p146)
『自分とは違う考え方に接したとき...「違う」と最初に言ってしまえば、違いにばかりに目が向いてしまう。しかし、先に「一理ある」と口にすると、頭が「一理あるかもしれない」と思って、それがいったいどういうことなのかを考えはじめるのだ。
 自分の考えに照らし合わせて「正しい、間違っている」を判断してばかりいても、得るものはない。それよりも、そこから何を学ぶことができるかが大切なのだ。』(p147)


 「居心地が悪い」、

 言い換えれば「違和感がある」とき。



 その違和感に着目して掘り下げてみると、

 実は高確率で、新たな発見・発想・知見に出くわします。



 違和感や居心地の悪さとは、

 ある意味で“お宝センサーの反応”なのですね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


頭の回転数を上げる45の方法

久保憂希也,芝本秀徳 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-02-16
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年03月30日

刺激を増せば、人はいつだっておもしろくなれる



海馬 ― 脳は疲れない」(池谷裕二、糸井重里/新潮社)より


刺激を増せば、

 人はいつだっておもしろくもなれるし、

 いつだってつまらない人になる

 危険性だってある』(p158)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 筋トレ(筋力トレーニング)は、

 まさしく筋肉に負荷という刺激を与えて、

 成長(超回復)を促すことですね。



 この肉体の性質と同様、あるいはそれ以上の顕著さで、

 心――正確には脳の細胞や神経組織のつながりと働きは、

 刺激を重ねて増すほどに、どんどん豊かになる。

 脳科学研究で、それがますます明らかになっているようです。



 一方、逆の働きと言える「廃用性萎縮」。

 これもまた肉体と同様、心や感情、感性に、

 一種の錆びつき(無感動・不感症)を起こす。

 こちらはもっと古くから、誰もが実感しているところでしょう。



 刺激と無刺激に対して、変化と硬直の両方を示す。

 人とはすなわち、強い可塑性をもつ生き物、

 ということです。



 よって、自分から刺激を受けに行くこと、

 あるいは刺激のより多い環境に身を置くことは、

 脳と心、ひいては人格の更なる成熟において、

 欠かせない要素のひとつになるのではないでしょうか。 

『エサと水飲み場の他には何も入っていないところで育てたネズミと...クルマもトンネルもあるような環境で育てたネズミを比べると「遊びの多い環境で育てたほうが、海馬が大きい」という結果が出ます。...
 ですから...「ずっと病院で天井を見ているような生活」は海馬のはたらきを衰えさせると推測できます。
 その証拠に、何もない環境にいたネズミを刺激的な環境に移すと数日で海馬が増えます。...「一回だめな環境にいると、一生つまらないまま」ということはないのです。逆に、刺激のある環境から何もないところに映しても、ネズミの海馬は数日でダメになりますよ。』(p158)


 ただし、留意しておく点もあります。



 「刺激と反応の間にはスペースがある」

 とは、7つの習慣の有名な一節です。

 この“スペース”を意識しないまま、

 刺激に対して同じ反応しか選ばずにいれば、

 それは「何もないところ」にいるのと同じ。



 そういったな状態に陥るのを避けるには、

 あえて刺激に変化をつけてみるのも有効です。



 身近な方法としては、たとえば、

 ・今まで右手で行った作業を、左手でしてみる。

 ・通勤通学のルートをいつもと少し変えてみる。

 ・文章を逆から読んでみる(例・しげき→きげし)。

 などなど。

 ちょっと角度や向きの入れ替えを模索して、

 選んでみる遊びが、脳の体操としてもオススメです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■




posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年03月29日

いつも頑張ってる人は、ペース配分がうまい人




結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方」(茂木健一郎/学研パブリッシング)より


『周りから

「あの人はいつも頑張っている」

 と思われている人は、

 実は「頑張る」のペース配分

 うまい人です。』(p149)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 そもそも生理学的・一般的に、

 ヒトが一定以上の集中力を持続できる時間は、

 数十分程度までと言われています。



 多くの学校において、

 授業1コマが50分や90分なのはそのため。

 ある程度の疲労を見越して、休憩を入れ、

 また次の授業に集中できるようにするための、

 現実的な配分ということでしょう。 



 社会人生活になると、

 こまめな休憩は取りにくい状況も増えるでしょう。

 それでも、数分息をつくくらいの余裕は、

 率先して取るべきなのです。

『「頑張る」は脳のロケット噴射...
 仕事にしても、根をつめてやっていると「あぁ、疲れてきたな」と感じることがあるでしょう。そんなときは何も考えず、休む時間が必要なのです。
 頑張ろうという気持ちは、脳のロケットンジンのようなものです。エンジン噴射の瞬間は頑張れるのですが、それだけ燃料も減ってしまいます。
 もちろん頑張るポイントでは、しっかりと頑張っていいのです。けれどもこのエンジンを頻繁に使っていると、b燃料がなくなって脳のやる気がゼロになってしまいます。』(p148)
『毎日のルーティンワークも、頭をからっぽにするための修行と言うことができるでしょう。それによって「頑張る」のペース配分が身についていき、確実に習慣化できるようになるのです。...
「頑張る」のペース配分がうまい人...すなわち、ここぞというときに一気に集中できるだけの余力を残している人だということです。
 逆を言えば、頑張れない人ほど、余計なところでロケット噴射をしてしまい、チカラを無駄に使い果たしてしまっているのかもしれません。』(p149)


 もうひとつのアプローチが、上にあるルーチンワーク。

 「考えなくてもできる」一定の動作・作業をはさむことで、

 脳の思考能力に休憩を与える、といえるでしょうか。



 イチローが打席に立つ前などの「ルーチン動作」も、

 この観点から見ても、やはり理にかなった集中法、

 ということができるのではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

茂木健一郎 学研パブリッシング 2015-04-21
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年03月28日

視野には、絶対に見えていない部分がある



海馬 ― 脳は疲れない」(池谷裕二、糸井重里/新潮社)より


『視野の中には、

 絶対に見えていない部分が

 あるんです。』(p101)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「死角に気をつける」

 普段から運転する方はもちろん、 

 自動車学校で教習を受けた方なら、

 安全運転のポイントとしてよくご存知だと思います。



 ドライバーの視点からは隠れて見えない位置が、

 車体の周囲には必ずあります。

 常に「そこに何かがある」と仮定して、

 確認を怠らないことが事故の予防になります。



 この「“視えない”があることが“観えている”こと」、

 「認識できないということを認識している」ことは、

 日頃の生活や人間関係、ひいては世界の平和においても、

 実はきわめて重要なんです。

『網膜には見えないところがあって、盲点と言うんですけれども...人間は、ふだん、視野に入っているものぜんぶが見えているような気になっていますが、視野の中には、絶対に見えていない部分があるんです。ふだんわたしたちはなぜそれに気づかないか...脳は、都合の悪いことをすごく嫌います。わがままです……。』(p101)
『こうした脳の主観的な性質は、ふだんの生活においてもカン違いのもとにもなりますよ。現実を、常に自分の都合のいいほうにねじまげて、自分が混乱しないようにものを見たがるわけです。』(p100)


 人は必ず、自分自身の視点(=ものの見方や解釈)、

 いわゆる「パラダイム」を通して、世界を見ています。

 しかも、この世には一人として、

 まったく同じパラダイムの持ち主はいません。


 
 そしてほとんどの場合、自分自身は他人のパラダイムを、

 推察はできても、直に体感して理解することはできません。



 つまり、

 「相手は、自分には見えていない見方で世界を見ている」

 ということを常に知っているとすれば?



 たとえ意見や主義主張が対立したものだとしても、

 相手の人格まで否定し、険悪になるような事態は、

 少なくともぐっと少なくなる……

 だから、世界平和の第一歩になるわけです。

 



 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2016年03月27日

ビジネス感覚で考えれば、結婚は自らを投資すること



ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」(G・キングスレイ・ウォード/新潮社)より


『ビジネスの感覚で考えれば、

 結婚に関する厳然たる事実は、

 それが自らを投入する重大な投資である

 ということである。』(p108)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 メダルゲームなどで、当たりが出ると、

 「ダブルアップチャンスに挑みますか?」

 などと尋ねられることがあります。



 挑んで、勝てば当たり分の儲けが倍に、

 負ければゼロになる、というもの。 

 しかも、これに勝つとまた、

 「更に倍(つまり4倍)かゼロか?」

 のチャンスに挑むかを問われるものも。

 

 何連勝もすればとてつもない儲けになり、

 どこかで降りずに途中で負ければチャラ。

 そんな危険だけど魅力的なシステムです。



 投資も結婚もギャンブルではありませんが、

 ある意味で、この「ダブルアップ」とは、

 似たような面があるのも否めません。



 自分自身という元本が、結果として、

 何倍にもなる人も、元本割れやゼロになる人も、

 世間には様々に、そして確実に居るからです。

『ビジネスの感覚で考えれば、結婚に関する厳然たる事実は、それが自らを投入する重大な投資であるということである。二つの面でそう言える。幸福な結婚は人生の大きな支えになるので、その価値は計り知れない一方、不幸な結婚の招く損失も計り知れない。不幸な結婚を解消するためにはしばしば、金銭的な富の半分までを犠牲にして、そのうえ何年も扶助料の支払いを続けなければならない。』(p108)
『世の中には、ただ一度のチャンスをつかまえて結婚をものにしてしまう人びとがある。こうして始まる最高に幸福な結婚も少なくない。なぜか? そのような結びつきにはたいてい、互いに思いやりがあるだけでなく、必ず成功させようという、固い決意があるからである。...
 この投資物件はどのような資質をそなえているべきだろうか?...温かみのある、好ましい人柄の女性を選ぶべきだろう。卑しさや嫉妬深いところがないかどうか、よく観察すること。このような性向はあとで大混乱を惹き起こす。うわさ好きには近寄らないこと。欲張りは疫病のように避けること。
 君はこれから一生、この麗しの乙女を眺めて暮すのだから、私は君のために、まずまずの美人であることは願っている。たしかに皮一重だが、もしそれが心の美しさと組み合わされば、毎朝眺めて、いい気分だろう。
 おまけに頭がよかったら、その女性を真剣に考慮することを勧める。礼儀作法をわきまえて、服装や君の同僚との会話に気を配れば、なおさらだし、ほんとうの共同経営者として、君と対等に意見を交わす能力があれば、とりわけそうすることを勧める。』(p109)


 投資(&結婚)がギャンブルとは違う、最大の要因。

 それは(特に事前の)“情報収集”にあります。


 
 その上で、自分自身を磨いておくことは、

 「元本」や「掛け金」を充分揃えておくのと同じ。

 この点は、投資もギャンブルも、結婚も共通です。

 

 夫婦が1×1の掛け算なら、

 せめて自分を“1以上”に準備しておく。

 そして、相手がせめて“1未満”でないかは見定める。

 これから結婚を検討する方は、

 そんな角度から一考してみるのもいいでしょう。



 ただし、いくら掛け算とはいえ、

 マイナス同士を掛け合わせてプラスになるかというと?

 それは極めて稀な例外なので、ご留意くださいませ。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫

G・キングスレイ・ウォード,G.Kingsley Ward 新潮社 1994-04-01
売り上げランキング : 1614
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ