フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月28日

人の心の動きは一秒先の予測もできない


絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― 」(川原礫/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス )より


『「円周率は永久に唱えられても、

 人の心の動きについては

 一秒先の予測もできない。

 人生経験というやつだけは、

 借り物の知識やデータでは

 代替できないからな……」』(p160)





 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「人心の同じからざるは、その面の如し」

 とは、春秋左氏伝の一文。



 「頑張れ」という声かけが、

 Aさんには発奮させる励ましになれば、

 Bさんには鬱屈させる重石になります。



 「まいにち修造」が癒しになる人もいれば、

 「たれぱんだ」でやる気が出る人もいるのです。


 
 ただそんな中で、「みんな大して変わらない」と、

 想像できる部分がないわけではありません。

『……傷ついているんだ、この人は。
 ふと、そんな思考が脳裏に小さく弾けた。
 僕だけじゃなかった。ユミコさんだって――いや、きっと小村さんも、オリビーさんも、教授も、皆がそれぞれの傷を、痛みを抱えている。同じなんだ、誰だって。...
 人は皆、硬い殻と柔らかい心を抱え、互いにぶつかりあって傷を増やしている。』(p177-178)



 「人間一般を知ることは、

  人間一人ひとりを知ることより、はるかに難しい」

 ――と、ラ・ロシュフコーは言いました。

 が、“人心”の内なる柔らかさは、みんな似たようなもの。

 千差万別で違うのは、その“面”たる「硬い殻」のほう――

 ということなのかもしれませんね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


絶対ナル孤独者 (3) ―凝結者 The Trancer― (電撃文庫)

川原礫 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2016-02-10
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ