フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月25日

夢に向かう以上は「異常な人」であれ



時間とムダの科学」(プレジデント社)より


『夢に向けて仕事をする以上、

 異常な人でなくてはいけないのです。』(p53)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 エジソン。ダイソン。孫正義。

 “そん”繋がりに意味はありませんが、

 ”異常”繋がりには意義があります。



 異常と書くと語弊があるかもしれませんので、

 "常軌を逸している”と表現すべきでしょうか。



 発想力。行動力。何が何でも達成にこぎつける執念。

 どれもが世間の平均からすれば異常で、

 そして、異常だからこそ成果を出しています。

『リタイアするのは簡単です。でも、一度リタイアするとリタイア癖がつく。その結果、夢を追いかけることに対する闘争心が萎えていき、現状に甘んじるようになる。これが普通の人かもしれませんが、でも夢に向けて仕事をする以上、異常な人でなくてはいけないのです。』(p52-53)
『仮に四〇度の熱が出ても、やるべきことはやらないと夢は実現できません。たとえ風邪で会社を休んでも、心まで休めてはいけません。戦闘意識を失うな、ということです。...
 たかが一日かもしれませんが、お客様のことを思えば、心は戦線離脱してはいけないのです。』(p52)


「心を休めるな」だと語弊があるかもしれません。

 たとえば精神力や気力は、ときにすり減ったり、

 あるいはカラッポになる場面も、人生にはあります。

 そういう局面で、心を休めたり、

 養ったりする日があったって、もちろんいいのです。



 ただし、情熱は例外です。

 炉の種火のようなもので、一度完全に落としてしまうと、

 次に充分な熱が起きるには非常にエネルギーが必要です。



 なので、ここでいう心とは情熱という意味。

 あるいは、積極的にビジョンを描く想像力、

 とも呼べるでしょうか。



 異常なまでの情熱。

 全てはここに集約されるかもしれませんね。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ