フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月24日

休みは機嫌のいい日に



なぜか「一緒にいてほっとする人」のこころの習慣」(斎藤茂太/青春出版社)より


『たまの休みは、

 あえて機嫌のいい日を選ぶ』(p119)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 元気じゃないときにこそサボらず、

 サボるなら元気なときに限る。

 あだち充さんのマンガ「H2」で、

 そんな趣旨のセリフがあった記憶があります。

 (たしか主人公の父親だったような……うろ覚えです)



 元気じゃないと遊べないし、サボる甲斐がない。

 具合の悪い時に無理すれば、周りの同情が買える。

 会社員としてはあまり褒められる姿勢でもないですが、

 一方で、なるほど確かにそうだ、とも納得できます。

『悩みが膨らんで、会社を休みたくなったとしましょう。
「それならば、思いきって休んでしまいなさい」
 とアドバイスしたいところですが、悩みがピークに達した時に休むというのは、私からいえば「もったいない選択」です。...「つらいから休む」という後ろ向きな発想から得た休暇では、心底楽しんだりリラックスすることができません。
 もちろん休めば疲れは多少軽減されますが、あまり快適な休日にはならないでしょう。』(p119)
『憂うつな気分の日を避け、あえて気分のいい日に思いきって休みをとってみるのです。
「今日は、朝から天気もいいし、目覚めも快適」「仕事が一区切りついて、気兼ねなく休むことができる」「いつもより、体調もいい」そんなタイミングを見計らって一日オフにしてみるのです。...
 いつも忙しくしている時間帯に、ゆっくり進行する時間の中に飛び込んでみるのは、きっとなかなかの快感です。
 そして翌日は、そこで得たゆとりの気持ちを、まわりの人にぜひ配ってあげてください。』(p120)


 「悩みがピークのとき」とは、

 「心の余裕がないとき」の別名ではないでしょうか。



 余裕のない心で、周囲に和みと安らぎをもたらす。

 それが土台無理なのは、言うまでもないでしょう。



 「贈り物は、まず自分が手にしていなければならない」

 「受け取ることは、与えることと同じくらい大切」

 これらの教えの根幹にあるものも、

 まさに「自らの心の余裕」かもしれませんね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ