フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月19日

服装は自分を引き立てる脇役



上品な人、下品な人 」(山崎武也/PHP研究所)より


服装は自分自身を引き立てる

 脇役であって主役ではない。』(p83)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「脇役が主役を食う」なんて言いますが、

 演劇や映画などでも、確かに時々ある状況ですね。



 とはいえこちらは人対人。個性対個性。

 あるいは才能対才能――切磋琢磨にもなるでしょう。

 これが「人対物」になると、話は別。



 「物に食われてしまう人」を、

 信頼しようという相手は滅多にいません。

『落ち着いて味わいのある演技をする脇役について、「いぶし銀のような」という形容をすることがある。そのような趣のある服装をしようと心がけていけばよいのだ。
 着ているものをほめられて喜んでいたのでは、情けないというほかない。それでは服がほめられただけである。そのうえに、自分に似合っているといわれて初めて喜ぶべきである。そのときは、自分の着こなしのセンスがほめられたのであるから。』(p83)


 とはいえ、誤解を招きやすい点がひとつ。

 派手なもの、高級なものを身につけるべきではない、

 ということでは決してありません。



 むしろ自信をつけたい人や、イメージを変えたい人。

 その後押しに絶大な効果を産むのも珍しくないのです。



 もちろん最初は「馬子にも衣装」かもしれません。

 が、次第に服飾に見合うよう、

 立居振舞いや心意気が鍛えられていくとしたら?



 主役の秘められた顔を引き出す。

 それもまた名脇役たるゆえん、というものです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



上品な人、下品な人 (PHP新書)

山崎武也 PHP研究所 2005-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ