フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月14日

悔いが多いと流れにくい


究極の損得勘定ー損得で考える宇宙法則」(小林正観/宝来社)より


悔いの多い人生は、

 うまく流れていきません。


 ここで標語。

 クイが多いと川は流れにくい

 クイがないと川はよく流れる』(p181-182)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「同時にひとつのことしかエネルギーを注げない」

 それが、心というものの性質、仕組みです。



 過去の出来事を悔やんでばかりいるのは、

 漏電や漏水に近いものがある、ということ。

 当然「今この瞬間」に行動するための、

 充分なエネルギーは得られません。

 


 このように、電線や水道なら「流れ」は弱まり、

 あるいは河川なら「流れ」がスムーズにいかない。

 それが「悔い(杭)」……とまあ、

 要は正観さんが大好きだったダジャレです。

『人生を「階段」に喩えます。...途中まで登ってきた今日という「現在」から下を見ると、今の自分はいちばん高いところにいます。したがって、3ヶ月前、3年前の私を見下ろして、ああしなければよかった、こうしなければよかった、と悔やむことは意味がありません。3年前はその時点での人生の最高峰にいたのだから、その時点で最高の選択をしたということ。その決断しかできなかったのです。...
 ところが...上を見ると、今の自分は、実はいちばん低いところにいます。だから、常に「今の私」は謙虚になることが重要。「反省」のかわりに「謙虚さ」が必要なのです。
 多くの人はそこが逆になっているようです。未来に向かって謙虚になることは少ないが、過去に向かってばかりとても謙虚で、悔やんでばかりいる。そして、自分を高めようとしない。自分を高めることに多くのエネルギーを費やさない人にかぎって、過去を振り返ってばかりいて、後悔することにエネルギーを浪費しています。』(p180-181)
『そのときには、100%その行動しか選べなかった最高の選択なのだから、過去を振り返る必要はないのであり、そんなことにエネルギーを使うよりも、未来の自分に対して、今の自分がどれほど未熟であるかを認識しながら生きていくことにしましょう。』(p181-182)


 ところで、

 「過去を精算する」「過去と対峙する」

 という表現もあります。



 「精算」や「対峙」が、

 どうしても今、やるべき必要なこと――

 と間違いなく断言できる時には、

 それはきちんと向き合うべきでしょう。



 ただ、そうであっても「杭」は立てない、

 少なくとも新しく増やさない覚悟がなければ、

 結局は何の意義もないのではないでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



究極の損得勘定ー損得で考える宇宙法則〜笑顔と元気の玉手箱シリーズ4〜


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ