フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月13日

苦手な人がいてもいい



99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ」(河野英太郎/ディスカヴァー・トゥエンティワン)より


『苦手な人がいてもいい』(p162)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 嫌な相手、辛い環境にも、我慢と辛抱――

 もちろん、それが必要で大切な時もあります。



 ただしそれには、

 「もっと大きな目的のため」

 という前提あってこそ。

 

 イヤイヤ我慢する。

 仲良くしなきゃと自分に過大な無理を強いる。

 そのお陰で実力が全く発揮できず、

 集団にとっては足かせ、ブレーキになり、

 自虐的にもなり、悪循環になり、

 自分の健全さはどんどん損なわれていく――

 ということであれば、我慢と辛抱は害悪です。

『チームで仕事をする中で、...現実にはそうは言ってもどうしてもメンバーとの相性が悪く「駄目なものは駄目」という人がいることがあります。...
 状況を悪化させないためには、ときにその環境から逃げてもいいと考えています。
「逃げる」というと、つい挫折や敗北を連想してしまいますが、退却や撤退は立派な戦術・戦略の一つです。』(p162)
『一番いけないパターンは、何とか自分の置かれた状況に打ち勝とうと我慢し続けた結果、精神的・肉体的につぶれてしまうことです。これでは取り返しがつかないことになりかねません。
 そうなる前に、勇気ある撤退を自分の意志で行うことが、最善の対応策であることも多いのです。』(p163)


 たとえば“うつ病”になりやすいのも、

 真面目で責任感の強い人が多い、と言われます。

 その理由が、まさにここにあるのは明白。



 真の意味で(集団の目的に則した)責任に徹するなら、

 潔く身を引くという勇気、あるいは柔軟さもまた、

 きちんと懐に忍ばせておくのが、スジなのですね。
 





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

河野英太郎 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-03-12
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ