フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年02月10日

心を香、身体を花とす


空海 黄金の言葉」(宮下真、名取芳彦/永岡書店)より


『心を洗ってとし、

 身体を恭(つつし)んでとす』(p194)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 仏壇や仏前、ひいては仏教では、

 線香などのお香と、花が必需品と言っていいでしょう。



 香り、つまり嗅覚は、

 五感の内で最も直接的に、脳感覚へ作用するそうです。

 そして花の色鮮やかさ、つまり視覚は、

 ほとんどの人が、最も強く依存している情報感覚。



 この強力な両者でもって、心に優しさを根付かせよう、

 という企図が、先の慣習の根本にあるのかもしれません。

『お香のよい匂いがただよってくると、ふっと心が安らぐような気がします。
 可憐な花を見れば、気持ちがやさしくなっていく気がします。...
 人に安らぎと心地よさを与えて消えていくお香と、見返りを求めず、ただ無心に咲いて人を和ませる花……これはお手本です
 さりげなく人の役に立ちたいと思ったら、“心はお香、体は花”の心がけで今日から行動してみましょう。』(p195)


 ところで花を飾るとき、仏壇の奥ではなく手前側、

 つまり、私たち“生者”に向けて生けます。



 「今その世で暮らすあなた達こそ、

  この花のように生きるのですよ」

 そんなメッセージでもあるのかもしれませんね。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


空海 黄金の言葉 (コスモ文庫)

宮下真 永岡書店 2009-09-10
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ