フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年01月25日

傲慢さは必ず誰かに笑われる




覚悟の法則―自分の人生は自分で決める」(弘兼憲史/PHP研究所)より


傲慢さは、かならずどこかで、

 誰かに笑われているはずだ。』(p170)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 “裸の王様”に例えるのはちょっと違いますが、

 自分が裸であるのに気付かないまま、

 王様よろしく威張れば、もちろん物笑いの種です。



 とはいえ、目は目を見ず。

 自分自身の姿をありのままに観るのが苦手、

 というのが私たち人間の性質でもあります。



 訓練次第でより「観える」ようにもなれますが、

 それでも、常に「観える」とは限りません。

 ですから、もうひとつ別の角度から、

 まるで反射鏡を置くように、観る手段を置くのです。

『「夜郎自大」という、『史記』に出てくる故事だ。強大な漢帝国があることも知らずに、自分たちが中国で一番強いと勝手に思い込んで威張っていた「夜郎」族の無知をあざ笑う警句だ。ちょっと周りがバカに見えてきたら自戒の念を持って思い出してみるといい。そういう傲慢さは、かならずどこかで、誰かに笑われているはずだ。』(p170)


 その「鏡」のひとつこそが、

 まさに「他人がバカに見えた」とき。



 「思い上がっている自分自身」を、

 直に把握しようとしても、案外気づけません。



 ですから「他人という鏡」に映すのです。

 映してこそ生じるその思いに気づけたら、

 すぐさまそれを、手掛かりにしましょう。

 今の自分の思い上がりを知ることができるのです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■





posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ