フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年01月15日

未知の学問では、バカの方が新事実を発見する



やがて魔剱のアリスベル(6)」(赤松中学/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)より


『お前、それ慧眼かもだじょ? 

 未知の学問では、

 バカの方が新事実を発見する力が

 あったりするもんだからにゃあ』(p68)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「素人考え」「見込みが甘い」

 物事が失敗に終わる原因の内、

 これらが占めるケースは、当然ごまんとあります。



 ただし、ここには重大な前提が隠れています。

 素人と評する以上、玄人がいる。

 見込むことのできる経験を積んだ、熟達者。

 つまり玄人がいる分野とは、既知の分野。



 未知の領域を歩こうとする時には、

 「玄人考え」や「見込み過ぎ」――

 正確にはそれらに起因する「無挑戦」が、

 失敗の真因になることが、多々あるように思われます。



 もちろんその多くは「見えない失敗」になるのですが……。

『ビビや貘はそれが『運良くうまくいった』として思考停止してるみたいだったが……
 俺の考えは、ちょっと違うな。
 ...と、俺なりの考えを語ってみたんだが。
 ド素人の発言如きにゃ...興味が無いのか、案外仲が良いのか女同士ペチャクチャ喋る喋る。俺の仮説なんか聞いちゃくれねえ。』(p68)


 ところで。フレーズでは「学問」とありますが、

 もちろんこれは勉学に限った話ではありませんね。



 また、「バカ」と一言にいっても、

 「知識なし・考えなし」的意味とは限らないのも同じ。



 愚直に挑み続ける、一徹なバカ正直さ。

 既存の概念や常識からはバカと評される角度で、

 全く新しい解釈やアプローチを見出す柔軟性。

 

 賢いだけでも、愚かなだけでも、

 「偉大なバカ」とは呼べない、ということのようです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



やがて魔剱のアリスベル (6) さらば妖刀 (電撃文庫)

赤松中学 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2016-01-09
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ