フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2016年01月11日

くだらない人に笑い飛ばされてこそ、本物の「道」


「いいこと」がいっぱい起こる!老子の言葉」(植西聰/三笠書房)より


『くだらない人物に笑い飛ばされてこそ、

 本物の「道」です。 』(p30)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 賢者、賢人、あるいは聖人などと称された人。

 その共通点あるいは、絶対の条件は明らかです。



 それは「実践者」であるということ。



 ではいったい何を実践したのか。

 その直接的な行為自体は様々ですが、

 一括りに表現すれば、

 「自ら信じた生き方を貫徹した」こと、

 ではないでしょうか。

『すぐれた人は、「道」を知ると、全力で実践します。
 中くらいの人は、時々実践し、時々忘れてしまいます。
 愚かな人は、「くだらない」と大笑いします。
 くだらない人物に笑い飛ばされてこそ、本物の「道」です。 』(p30)
『「欲を持て、どんどん稼げ!」と叫ばれる、このご時世に、「無欲」や「ありのまま」を説く老子の教えは、時代に逆行するように聞こえるかもしれません。
 しかし「絶対に幸せになれる真理」を述べていることは確かです。
 それを笑い飛ばすか、実践して人生を変えるかは、各人の自由です。』(p31)


 実践の「践」の字には、

 「歩み行う」という意味があります。



 こんな生き方をしたい、と思い憧れても、

 実際に自ら人生の歩みに反映させなければ、

 もちろんただの幻想で終わります。



 そして、「実の歩み」に反映させてこそ、

 初めて見えてくる世界、境地がある――



 「くだらない」と笑えるのは、ただ単に、

 それを見たことも、感じようとしたこともない、

 というだけのことかもしれませんし――あるいは、

 それもまた、その人なりの「道」かもしれません。

 よって、笑われても気に病むことではないのです。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



「いいこと」がいっぱい起こる!老子の言葉: ほっとする!道が開ける!「タオ」の智慧 (王様文庫)

植西聰 三笠書房 2013-07-29
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ