フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年12月26日

艦を離れる第一の理由「上司から大切に扱ってもらえない」



アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方」(マイケル・アブラショフ/三笠書房)より


『彼らが艦を離れていく第一の理由は...

「上司から大切に扱ってもらえないこと」

 だったのである。』(p18)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 優秀な人材、有能さを遺憾なく発揮できている人とは、

 自分の能力と特性、素質や才能が、

 のびのびと発揮できる環境にいる人――

 と、ある面では言い換えても差し支えないでしょう。



 逆に言えば。

 心身に何らかのハンデがあるのでない限り、

 優れたパフォーマンスを発揮できていないスタッフは、

 その人に適した環境が整っていないだけ――



 と、評せるケースは、潜在的なものも含めると、

 限りなく100%に近い割合を占めているかもしれません。



 となれば。

 自分の才能や能力を自覚している人なら尚のこと。

 力を発揮できない環境にはさっさと見切りをつけ、

 より輝きを放てる環境へ移っていくのは、極々自然な成行き。



 もしあなたが組織や部署、チームを率いる立場だとしたら。

 「人材が育たない」「有能な人材が定着しない」

 そんなグチをこぼす前に、理解すべきこと、

 そしてやるべきことがあるわけです。

『現代の仕事は多様化している。有能な人間は、自分にふさわしいと思える仕事を求めて、次々と職場を移っている。...ベンフォルドからも、毎年、多くの優秀な人材が離れていっていた。
 私はまず...原因を分析することから着手した。そのために、すでに退職した者に話を聞いてまわるなど、いくつかの調査を行なった。
 私は、彼らが艦を離れていく第一の理由は、給料が安いせいだろうと思っていたのだが、驚いたことに、実際にはそれは五番目の理由だった。
 第一の理由は「上司から大切に扱ってもらえないこと」だったのである。
 第二は「積極的な行動を抑え込まれること」
 第三は「意見に耳を貸してもらえないこと」
 第四は「責任範囲を拡大してもらえないこと」であった。(p18)


 海軍の艦長だった著者は更に、

 この“理由” は一般のビジネス界でもほぼ同じ、

 という事実にも行き当たり――

 その結果、次のように見抜いています。
 
『われわれ上司たちがみな、同じあやまちを犯しているという結論には変わりがない。
 しかし、これは私にとって朗報でもあった。なぜなら、優秀な乗組員が艦を離れていくのに歯止めをかけるために、艦長は、昇給やストック・オプションを与えることはできないが、これは彼らにとってはしょせん“五番目の問題”であり、上位四つの問題に取り組むことなら可能だと思ったからだ。』(p19)


 この「可能」はすなわち、

 「理由の逆を行えば問題は改善に向かいうる」

 という明快な解答に直結しています。



 あとはもう、リーダーとしての覚悟と、実践の領域。

 とやかく言葉を付け足すだけ野暮に思えるのですが……

 さて、いかがでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方: 一人ひとりの能力を100%高めるマネジメント術 (知的生きかた文庫)

マイケル・アブラショフ 三笠書房 2015-05-22
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ