フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年12月20日

三人いれば必ず師となる人がある



超訳 論語 自分を磨く200の言葉」(岬龍一郎/PHP研究所)より


『三人で一緒に事を行えば、

 必ずそこにとして

 教えてくれる人がある。』(078)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 三人以上の集団で山道を登るときは、

 列の先頭と最後尾には最も熟練した二人がつき、

 不慣れな人を中間にはさむ隊列を組むのが常道です。



 人生という山道を進むときも、

 ある意味同じ形が理想的に思えます。



 前で引っ張る者、後ろで支える者、

 そして引かれ支えられて共に学ぶ者。

 その時々に必要とされる資質に応じて、

 それぞれが入れ替わり立ち替わりしながら、

 互いに道を同じくする限り歩いていく――

 そういうものなのかもしれません。

『三人で一緒に事を行えば、必ずそこに師として教えてくれる人がある。
 そういう人から善なるものを選び、不善を改めるのである。師といわれる者から教えを受けるばかりが学びではない。』(078)


 「一草一木師ならざるものなし」

 とはいいます。



 が、もちろん草木を師にする以上に、

 身近な人を師として学べるものを見い出す――

 そして、そこからまず吸収するのが登山、

 もとい人生の常道と呼べるのではないでしょうか。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ