フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年12月12日

面倒くさいは心配性



「いい人」が損をしない人生術」(斎藤茂太/PHP研究所)より


『面倒くさいという人も、

 よくその理由を聞くと心配症なのです。』(p182)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「面倒くさい」――

 これには大抵の場合、

 「面倒くさいから、しない」と、

 選択や実行の放棄、あるいは妥協を伴います。



 ある人は、体力気力や頭脳を使うのが嫌だから。

 使ったところで、それ自体で何かしら損や、

 不都合があるかといえば、実際にはまずありません。



 それでも、損や不都合が生じてくる、

 と勝手に決めつける無意識の思考が、

 「めんどくさい」の底流です。



 「こんなよくないことが起きるんじゃないかしら」

 「あんな悪いことが起きたらどうしよう」

 滅多に起こるはずもない未来のケースを想定して、

 わざわざ気を揉む「心配」という行いと、

 いったいどこが違うのでしょうか。
 
『ある人は、「面倒くさい」といい、ある人は、「心配だから」といってなかなか旅に出ることができません。面倒くさいという人も、よくその理由を聞くと心配症なのです。
 旅先で病気になったらどうしよう、食事や水が合わないのでは、空港での手続きに迷うにちがいない、言葉が通じないから犯罪に巻き込まれたら……などと悲観的なことばかりに気持ちが傾くのです。
 大丈夫ですよ、行けばなんとかなりますよ、という説得はこの種の人には通じません
 うつ状態のときに、がんばって、しっかりして、と励ますことが最悪の対応であるのと同じです。』(p182)


 そういえばずいぶん前に誰かが、

 「人類の最大の敵は”めんどくさい”」

 と言っていたのを思い出しました。



 また、人を最も不幸にする思考習慣、

 そのひとつが「心配」であるのも事実。



 根っこが同じであれば、芽を出す結果も兄弟同然――

 ということのようですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



「いい人」が損をしない人生術 (PHP新書)

斎藤茂太 PHP研究所 2005-05
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ