フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年12月11日

本当の強さを発揮するための最後のハードルは、自己満足


「戦う自分」をつくる13の成功戦略」(ジョン・C・マクスウェル/三笠書房)より


『一度勝利を経験した選手やチームが、

 本当の強さを発揮するために

 最後に飛び越えなければならない

 ハードルは、自己満足である。』(p136)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 「勝って兜の緒を締めよ」

 この日本語と同じ意味をもつコトワザは、

 海外にも無数にあるのは想像に難くありません。



 「盛者必衰の理」とはいえ、

 古今東西、同じ原因による凋落が、

 それほどまでに繰り返されてきた、

 という証左にほかならないでしょう。

『NBA(全米プロバスケットボール協会)の伝説の監督パット・ライリーは、著書の中で、こう述べている。
「一度勝利を経験した選手やチームが、本当の強さを発揮するために最後に飛び越えなければならないハードルは、自己満足である。自己満足は成功につきものの病気だ。この病気の原因は、自分の能力を過信し、達成感に酔いしれることだ」
 皮肉な話だが、過去の成功こそが、未来の成功を阻む最大の敵なのだ。
 成功を究極の目的と見なすと、成功した途端にお祭り騒ぎに興じて、やる気をなくす人が多い。もちろん、お祝いするのも休養をとるのも一向に構わない。ただしその後は、過去の成功は忘れ、また新たなチャンスを追いかけることだ。
「自分は成功した」と思うこと自体が問題の始まりだ。
「もう働かなくてもいい、もう前に進まなくていい」と思ったとたんに後退が始まる。』(p136)


 もちろん、何かを競うことに限ったことではありません。

 ここでの自己満足とは、言い換えれば「現状維持」志向。



 たとえば企業なら、過去のヒット商品を、

 ほとんど改良もせずに売り続けるようなもの。

 当然、いずれは世間にそぐわなくなります。



 個人でも同様に当てはまることですから、

 あまりに過去の業績ばかりを誇りの柱にしていると、

 「昔は良かった。今は……」

 と早晩グチり始めることになるでしょう。



 要は「現状」などというものは、ただの刻舟。

 維持しようと思った時点で、もう過去の遺物です。



 もちろん、人生は人それぞれ。

 ただ「人生を活き活きと生きる」――言い換えれば、

 「本当の意味で自己満足して生きる」

 という観点からすれば、好ましいことかどうかは、

 きっと問うまでもないのではないでしょうか。




 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


「戦う自分」をつくる13の成功戦略

ジョン・C. マクスウェル 三笠書房 2009-10
by ヨメレバ
posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ