フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年12月06日

図々しさと謙虚さをあわせ持て



20代から始める「人脈力」養成講座」(内田雅章/光文社)より


『僕のモットーは

図々しさと謙虚さをあわせ持て」です。』(p156)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

 謙虚であることの大切さを教える句として有名です、

 が、ここにはもうひとつ、

 隠れた意味があるのをご存知でしょうか。



 実る前なのに頭を垂れっぱなしな稲穂は、

 謙虚なのではなく病気だよ、という教えです。



 図々しいだけでもいけません。

 が、「過謙虚」とでもいうべき、

 卑屈と取り違えた遜りばかりなのもまた、

 実際には大差ないのです。
 
『謙虚とはペコペコすることではありません。ペコペコする人間は、ただ軽く見られるだけです。...
 僕はよく図々しいと言われます。ものをもらうときは断らないし、食事のときも、おかわりを要求します。
 遠慮ばかりしているほうが、むしろ失礼だと思っているからです。相手が勧めるということは、僕に喜んでほしいからでしょう。僕は相手の好意を無駄にしたくないので、特に初対面の人の場合は、たとえあまりほしくないものでも、喜んで受け取るようにしています。勧められたものは、素直に受け取るほうがお互いのためなのです。』


 これとは逆に、

 厚意の行いや贈り物を頑なに断ったがために、

 相手から無用な反感を買ってしまったり、

 縁が切れてしまったり……なんて例もよく聞きます。



 世界の主要な宗教にも、

 「与えること」と同じくらい「受け取ること」は重要、

 と解釈できる教えが、必ずと言っていいほどあります。

 

 宗教の「宗」には、心という意味も含まれています。

 まさしく、人の心に対する洞察と慧眼が、

 込められているわけですね。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■




posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ