フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年12月31日

これからの情報は説得より共感を求める



歴史の使い方」(堺屋太一/日本経済新聞出版社)より


『これからの情報は説得するよりも

 共感を求めることになりそうだ。』(p293)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 かつて「IT革命」ともてはやされた時期がありました。

 ITとは“Information Technology(情報技術)”。

 特に、情報をより早く、より大量に伝達する、

 あるいは高速かつ高度な編集を可能にする、

 科学技術の革新的進歩を指した呼び名です。



 いわば土のあぜ道が高速道路に変わり、

 走る車も、牛や馬曳きから高級セダンになったようなもの。

 でも、肝心の「車に乗る人(=情報)」の内実までもが、

 革命的に変わったかというと、そうでもない気はします。



 ただ、静かに、しかし確実に大きな変化もあります。 

 上りから下り、一方通行的お仕着せだった情報路が、

 双方向に巡って廻る、環状道路になったということ。



 たとえば、時代劇などで町にお上の立て札が出ます。

 これは一方通行の「布告」であり「説得」。

 町民の「共感」は考慮されてはいません。



 インターネットの登場は、このトップダウンに対し、

 目安箱のようなボトムアップのルートを整え、

 さらに無限とさえ思える複雑な網目構造も相まって、

 その循環と相互作用を強力に促進しました。



 肝心なのは、そのサイクルは現在進行形で、

 日々増大と進化を遂げているということです。

『一九九〇年代に至って、インターネットが普及したことで...いわば「天の板(マスコミ)」と「地の板(口コミ)」の中間を埋め尽くした立体の情報環境ができ上がったわけである。
 人類がこのような情報環境を得たのは、史上はじめてのことだ。それがこれまでとは異なる社会構造を生むであろうことは、十分に予測できる。
 これからの時代が「新しい中世」だったとしても、それは「ハイテクと情報ネットのある中世」である。情報ルートが宗教組織などに掌握されていた中世とはまったく違うものになるはずである。
 その反面、映像音響メディアの発展は、情報の全感覚化(トータル・メディア化)を進めるだろう。その結果、情報の文章的数値的正確さは失われるに違いない。これからの情報は説得するよりも共感を求めることになりそうだ。』(p292-293)


 本能以外に人を動かすものがあるとすれば、

 それは情報と言って過言ではないでしょう。

 そして情報とはもちろん、

 文字だけに限ったものではありません。


 
 「活字離れ」などを憂慮する世間的理由は、

 ヒトから想像力を奪いかねないことにあります。



 ですが、その是非は別として、

 “強力に伝える手段”が時代に登場したという事実は、

 天が「さあ、これをどう活かし、使いこなす?」と、

 私たちに課題を突きつけているようにも感じられます。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■




posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年12月30日

不可能・わからない・理想――未来はいくつもの名を持つ



人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法」(水野敬也、長沼直樹/文響社)より


『「未来」はいくつもの名前を持っている。

 弱き者には「不可能」という名。

 卑怯者には「わからない」という名。

 そして勇者と哲人には

 「理想」という名である。』(65)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 人間が他の動物と一線を画するのは、

 「未来を予測する能力」があるから、

 という説もあります。



 計画的な生活を営み、よりよく改善していくには、

 間違いなくその能力は不可欠なものです。



 が、それはあくまで「正しく使えば」の話。

 予測が悲観的な方向にばかり肥大し、

 行動を過度に抑制してしまえば、

 人生から彩りは失われます。



 逆に言えば、

 この「予測という道具」に縛られることも、

 あるいは振り回されることもなく、

 賢明に使いこなしたなら?



 次のような偉業に繋がるかもしれません。

『福沢諭吉は、子供のころからやってみたいと思ったことをすぐ行動に移す性格でした。...自分が学んだオランダ語が外国人に通じるかを試しに横浜へ出向いたとき、世界の主流はオランダ語ではなく英語だと知りました。すると今度はすぐさま英語を学び、「咸臨丸」に乗せてもらいアメリカへ渡ります。こうして西洋ん文化を肌で感じた諭吉は、帰国後「慶應義塾」を作り、自分が海外で学んだことを若い世代に教え、優秀な人材を輩出していきました。
 魅力を感じる世界にどんどん足を踏み入れましょう。それが、自分を最も成長させる方法なのです。』(65)


 もしも諭吉が、

 何事も「無理」「不可能」と“予測する”タチだったら、

 日本の学問は50年遅れていた――

 かどうかは定かではありませんが、ともあれ。



 的確な分析に基づいた正確な予測は武器ですが、

 それを妄想や決め付けと取り違えては無明です。



 なにより、あくまで「予測は予測」であり、

 必ずしも事実ではない――という大原則を、

 常に踏まえておくに越したことはありません。



 人生には「今、この瞬間」だけしか、

 存在していないのですから。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

水野敬也,長沼直樹 文響社 2013-10-22
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年12月29日

二一世紀の企業理念は「感動」である



宇宙の根っこにつながる生き方」(天外伺朗/サンマーク出版)より


『二一世紀の企業理念は

 「感動」である』(p58)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 人も。企業も。社会も。

 かつて――あるいは今現在に至るまで、

 成長なしには成り立ってきませんでした。



 ある人は、少し老いたからというだけで嘆き、

 国なら、GDP前年比マイナスになると大騒ぎ。

 成長しないことや、減退することが、

 さも絶対悪のように扱われてきました。



 しかしこの「成長」は、

 言い換えれば「膨張」とも呼べるもの。

 あるいは、あくなき欲望の追求、とも。



 その問題点は“キリがない” こと、

 そして、麻薬のように心を退廃させ、

 いつまでも真に満ち足りた安らぎに定まらない、

 ということにあるのではないでしょうか。

『徹底したエゴの追求、そこから生じる競争と対立が、いまのところ社会の活力になっていることは否定できない事実です。しかしよく考えれば、それは社会の活力であると同時に、全体の効率をものすごく下げる要因にもなっている。本来生かされるはずの個人の才能や個性が、低次元の競争と対立で活力を失ってしまっているからです。いわば、それは人間社会の進歩のアクセルであり、ブレーキでもあるのです。』(p57)
『一人ひとりの人間を動かすのは感動であって煩悩の追求ではない、というところへ企業そのものが進化できるかどうかが、これからの産業界の命題だと思います。
 たとえば「魂の栄養素は感動ですよ」と企業の指導者が従業員に対して懸命にいえる。あるいは「うちの会社にみなさんが集まっているのは感動を分かち合うためですよ」ときちっといえるようになる。それだけでも多少は違うかもしれません。』(p62)


 私たちが物を欲しがる時、本当に欲しいものは、

 それを手に入れた感動と、所有する喜び――

 つまりは「得ることによる感情」である、といいます。



 生命維持や生活に必要なものならいざしらず。

 いうなれば「余分なもの」を得たことに対して、

 何の感情も抱けないのなら、それはただの中毒。



 そんな暮らしが本当に、

 「心から幸せ」と呼べるかどうか。

 そんな暮らししか提供できない事業が、

 はたして社会に有益と呼べるかどうか。



 逆説的ではありますが――そう踏まえれば、

 この先、真に求められる企業の姿が、

 浮き彫りになってくるように思います。





 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



宇宙の根っこにつながる生き方―そのしくみを知れば人生が変わる

天外伺朗 サンマーク出版 1997-05
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年12月28日

理解できないことに手を出さないと、成長しない



年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人」(午堂登紀雄/学研マーケティング)より


『理解できないことに

 手を出さないということは、

 その人は「成長しない」

 ということを意味する』(p131)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 人は元々変化を嫌い、現状維持を好むもの。

 だからこそ「まだ知らない何か」に挑むことには、

 二の足を踏む人が多いのは自然なことです。



 が。もしもあなたが、

 “頭一つとび出た”成果や成長を望む場合には、

 絶対にためらうべきことではありません。



 現状の外側へ、一歩でも踏み出すことなしに、

 その望みは決して叶うことはないのですから。

『「理解できるものにしか手を出さない」ということは、わかりやすい分野、とっつきやすい分野で行動するケースがほとんどになる。これはあなた以外にも人気のある分野であり、新規参入もライバルも多い。』(p131-132)
『チャンスを手に入れるには、多くの人が「理解できない」としてそれ以上知ろうとしないことを、自分が理解すればいいだけだ。どんなテーマに対しても、「なにそれ! おもしろそう!」という発想から入り、まずは知ろうとしてみることだ。』(p133)


 とはいえ「未知の世界」には、

 確かに危険の可能性がつきまといます。



 たとえば、目の前の動植物が、

 致死性の猛毒を持っているかどうか。

 これが原始時代などなら、

 食べてみなければわからなかったでしょう。

 

 しかし現代では、様々な先人の積み重ねが、

 諸々の情報として、私たちに恩恵を与えてくれています。



 人間社会で経験できるほとんどのことが、

 「食べたら死ぬ猛毒」ではないと、わかっています。

 ただ「どんな味か」までは理解できない――

 

 そう考えれば、つい怖がってしまう「未知」にも、

 ちょっとした楽しさを期待できる気がしませんか?






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人

午堂登紀雄 学研マーケティング 2013-02-19
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ

2015年12月27日

素直なら、いい話は身につく



愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉」(池田光/イースト・プレス)より


素直なら、人から聞いたいい話は、

 全部自分の身について

 実力になっていくんだよ』(p90)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!






 人からものを学ぶ時――

 もちろん、人に限ったことではありませんが、

 最も障害となるのが、エゴという名のプライドです。



 教えられた物事に対して、

 「そんなわけがない」と端から突っぱねるか。

 「そうかもしれないな。実際はどうだろう」

 と、一旦受け入れて、検証を行うか。

 両者の先にある「可能性」にどれほどの差がでるか、

 全く計り知れないものです。



 にもかかわらず。ついつい習性のように、

 私たちは前者を選んでしまいがちなのも、また事実。

 

 そのことを自覚するのが、

 私たちが“真綿となって水を吸う”、第一歩です。

『教えるのも、教えられることも、ヘタなのが人間です。教えると損をすると思っているし、教えられるのは癪にさわるのです。
 なぜ、そうなるのかというと、小さなエゴが邪魔をするからです。人はなかなか素直になれない生き物です。「素直な心とは、なにごとにもとらわれずかたよらずこだわらず、見て、考えて行動する心である」といった経営者がいます。...松下幸之助さんです。彼は、素直な心の大切さを熱心に訴えつづけました。』(p89)


 素の、まっ直ぐ、と書いて素直。

 子どもの心は、まさに産まれたての真っ直ぐさで、

 ぐんぐんと成長していくものです。



 さすがに肉体は、成人になれば、

 子どもほどの成長率は見込めません。

 が、脳の細胞や神経組織は、

 刺激次第で死ぬまで成長を続けるということが、

 現代の脳科学研究で明らかになっています。



 つまり、知恵と心と感情もまた、 

 死ぬまで成長し続けることが可能、ということ。



 であれば、その成長に必要な「真っ直ぐ」も、

 いつになっても持ち得るものだという証拠に、

 他ならないのではないでしょうか。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉 ―「日本一の大金持ち」が実践している、楽しみながらできる「非常識」な成功法則!(East Press Business)

池田光 イースト・プレス 2008-02-01
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ