フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月30日

怒りは火にたとえられる


怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉」(アルボムッレ・スマナサーラ/サンガ)より


『仏教でも、

 怒りを火にたとえています。』(p75)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!




 火の鳥、鳳凰、フェニックスという象徴もあり、

 また実際に野焼きや焼畑農業なども行われるよに、

 火には「再生」を示唆する面もあります。



 が、それはある意味、高度な段階のお話。

 怒りという火は、もっと原始的で暴力的。

 どんなに他人が間違っているのだとしても。

 「怒り」を発生させた時点で、

 まず自分自身をその炎で焼くことに他ならない――

 これは絶対に否定のしようも、避けようもない事実です。

『「ゴミを燃やそう」と思って、マッチで火をつけると、先に燃えてしまうのはマッチです。「マッチは大事なものだから、燃やしたくない。でも、ゴミは燃えてほしい」という願いは絶対にかなわないのです。』(p75)
『怒るということは、自分で自分を燃やし始めたということです。いずれ細胞が破壊され、グチャグチャになってしまいます。...
 いちばん先に影響を受けるのは、内臓です。...その細胞が怒りによって早く老化してしまって...治りにくい病気になるのです。怒りの感情をよく起こす文句だらけの人は、病気がちで、他人よりも先に老けてしまいます
 すごく疲れやすかったり、眠れなかったり、病気がちで悩んでいたりする人は、心にも問題があると思ったほうがいいですね。そういう人は、怒りの性格をかなり持っているはずです。』(p76-77)


 実際、長寿の人に怒りっぽい人はなかなか見かけません。

 逆にいえば、怒りっぽいほど短命になりがち、ということ。



 なお、この「怒りっぽい」とは、

 すぐに怒鳴り散らすような判りやすいものとは限りません。

 むしろ表面的な言動そのものよりも、

 頭や心の中、内実のほうが肝心です。



 たとえ表には一切出さなくても、

 しばしば内心で不安や恨みを抱き、

 毎回クヨクヨ、ネチネチと固執し続ける――

 といったケースも含む、ということ。



 必ずしも他人から判別できるわけではありませんので、

 最終的にはくれぐれも、セルフチェックが頼りです。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■


怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

アルボムッレ・スマナサーラ サンガ 2006-07-18
by ヨメレバ

posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ