フレーズがクイズで届くメルマガ★登録はこちら
人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

2015年11月23日

困ったときは「本当に困るんだろうか?」と自問する




愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉」(池田光/イースト・プレス)より


『「困ったなあ」と思うことが、

 ときにはあるでしょう。

 そんなときは、「本当に困るんだろうか?」と

 自問してください。』(p28)




 ↓今日のフレーズが気に入ったら、ぜひクリックをお願いします。

■■人気ブログランキングへ■■
 ↑クリックしたら、もう一度「人生のサプリメントをクリック!
 戻ってきていただけると、すごくうれしいです!





 「心配事の9割は起こらない

 という本がベストセラーになったのも、

 個人的には記憶に新しいところ。

 まさに言い得て妙で、キャッチーなタイトルです。



 もちろん人生では、

 「残りの1割」にあたる災難のような出来事、

 つまり「困りごと」が降ってくることもあります。



 ですが一部の人にとって、この「困りごと」は、

 1割ではなく5割や8割、限りなく10割に近い、

 ということもあるのです。



 それはどういうことか。

 9割もの「無駄な不安・危機感」を抱く大多数の人と違い、

 起きるかどうかもわからないことに気を揉まないし、

 実際に起きたところで何とかなる、と心を保っている。



 そもそも、「困りごと」とは何なのか、

 ということを理解して、大らかに覚悟を据えているのです。

『たえず“悩みっぱなし”という人は、自分の出している答えが間違っている、ということなんですね。
 こんなとき、神様は次のように教えているんです。「早く答えの間違いに気づいて、困ったことは起こらないと考えなさい!」と。』(p28)
『問題とは、あなたを成長させようという、あなたに固有のもの。だから、既成の成功法なんてちっとも役に立ちません。ただ、考え方だけが問題を解決させるのです。
 では、どう考えればいいのかというと、「本当にこのことで私は困るのだろうか」と自問することです。』(p28)


 たとえば、こんな心配。

「試験に落ちたらどうしよう、困っちゃう」

「彼女に振られたらどうしよう、弱ったな」

「リストラされたらどうしよう、正直参る」

「病気や怪我になったらどうしよう、怖い」



 どれも、そうなったところで人生は終わりません。

 落第や失職すると地球の大気が消えるわけでも、

 失恋や傷病で太陽が割れるわけでもありません。



 途方には暮れるかもしれませんが、

 完全な八方塞がりになることだけは、絶対にありません。 

 必ず何かしら別の「道」が、存在しているもの。

 ただ、それを見ようとしているかどうかの違い――



 それが「困ったことは起こらない」が示す「道」、

 とも言えるかもしれませんよ。






 ★今日のフレーズの詳細はこちらをクリック★


 ■こちらもクリックして、人気ブログランキングへの投票をお願いします■



愛蔵版 図解 斎藤一人さんが教える驚くほど「ツキ」をよぶ魔法の言葉 ―「日本一の大金持ち」が実践している、楽しみながらできる「非常識」な成功法則!(East Press Business)

池田光 イースト・プレス 2008-02-01
by ヨメレバ


posted by せらつか at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のフレーズ